FC2ブログ

精霊

4451.jpg雑木林内に転がっている、水気を吸ってグズグズになった倒木を裏返して樹皮をめくると見つかる奴。

体長3mmしかないため、関連文献においては大抵「あまりにも微少すぎるので極めて発見困難」と書いてある。だが所詮、3mmサイズのアリの巣の中にアリと共に紛れている、3mm以下の居候生物を探す鍛錬を長年積み続けてきた俺の敵ではなかった。

精霊

4452.jpg日没後、砂中から穴をあけて這い出す瞬間を見た。

ほらな、昼間いくら石裏っ返したって見つかんねーわけだ。

精霊

4446.jpg居住区から近い(というほど近くもない)所に、奇跡的に二つ紋の奴が生き残っている場所がある。何年か前に歴史的大水害に見舞われたので、もう場がダメになったかと思ったが、からくもまだ少数が残っていた。
河川敷の水際近くを生息の場とするが、サラサラしたきめ細かな砂地が広がっていること、汚染されていない伏流水が滲み出していることなど、生息のための条件がとてもうるさい。そうした条件を満たす河川敷が国内からほとんどなくなってしまったのを受け、この精霊の生息地も全国でもう数えるほどしか残っていない。それでも、確実に生息してて会いに行ける場所があるだけ、頭の黒いアレよりはまだ救いがある。

日没後、石ころ一つ落ちていない砂地上に突然何匹も現れる。背中には砂を被っている個体が多いため、日中は砂の中にランダムに潜って隠れていることが伺える。石の下に隠れている個体もいるにはいるが、大多数は砂中に潜む。よって、日中いくら生息地で石起こしして探しても、そこに生息する個体のうちほんの僅かしか発見できない。明るいうちに探しても無駄な生物だ。

しかし、この生息地を歩いていて、砂地の上にものすごい数のタイヤ跡が出来ているのが気にかかった。日中オフロード車が相当乗り入れているらしい。これにより、少なからぬ数のこの絶滅危惧種が踏み潰されたであろうことを思うと、怒りを禁じえない。
件の疫病騒ぎの中、人の多い市街地を嫌がり、普段行き慣れない野山へレジャーに出かける人間が多い。それに伴い、自然との触れ合い方やフィールドマナーを何も知らない都会の連中が、好き放題に自然をメチャメチャに荒らして帰る事例を頻繁に見聞きするようになった。また、家の中で時間を潰すためにアクアリウムに凝る人間が増えてきたのを受け、飼育用に野生の淡水魚や両生類を無尽蔵に乱獲してネットオークションで売り飛ばす輩も増え、問題になっている。
つくづく日本人は、自然に厳しい民族だ。

4425.jpg夏に一旦控えていた無限井戸漕ぎを近頃再開したが、新たに4匹採れた。本当に、世の穢れを何も知らない顔してやがる。

この個体は、自分で採ったのではない。件の井戸ポンプには、水の注ぎ口の真下に備え付けのバケツが置いてあり、墓参りに来た人間が大抵そこにある程度の水をためて帰る。ある日、いつものように井戸漕ぎをしようとしてふとバケツの中を見た時、水のたまったそのバケツの中に数匹のメクラヨコエビとともにこいつが3匹も泳いでいたので、ぶったまげた。今年上半期、これを汲み出すために連日ここに通って3万回くらいポンプを漕いでやっと2匹出したものが、一度に3匹もそこにいたのだから無理もない。

体に色素のない地下性生物は、長時間紫外線を浴びると死ぬと言われる。特にこんなヘロヘロしたような生き物など、なんの遮るもののない直射日光の下で放置されているバケツの中で、半日も生きていそうにない。俺が井戸まで出かけてこいつらを見つけたのは昼過ぎだったので、間違いなく当日の午前中に汲み出されたものに違いない。加えて、ここの墓地は普段墓参りの人なんて来ない。よくて一日一人か二人がいいところだ。その墓参りの人も、俺みたいに一度に1000回もポンプを押して水を汲むとは思えず、せいぜい十数回しか押してないはずだ。
つまり、この日の午前中にこの墓地に来た御仁は、俺が2-3か月かけて3万回ポンプを押して出したよりも多い個体を、たった一日来て十数回押しただけで出したということになる。どれほどの強運の持ち主なのか。あやかりたい。そして関西の井戸に連れていきたい。

4437.jpgネギアザミウマThrips tabaci。茨城にて。

ネギの害虫。葉の表面に特徴的な食痕を残す。今年の初夏くらいに苗を何本か植え、先ごろ最初の一本を収穫して食った。市販のネギとは比べ物にならない程辛みが強かったが、その一方で甘みも強かった。自分の畑で取れたという贔屓目を差し引いても、これは美味い。ただの付け合わせの薬味で使い果たすには惜しい逸材だ。

半年近くも畑で面倒を見て、肥料をやり害虫を殲滅し、水をまき、こうしてようやく野菜は収穫できるようになるのだ。それを考えると、農家の苦労というのは本当に計り知れない。たかだか週末農業ではあるが、野菜を始めてからというもの、つくづく食い物のありがたみがよくわかるようになった。同時に、時々ニュースで取り沙汰される旬の野菜・果物ドロとかいう連中は、他人の苦労の上澄みだけかっさらっていく、正に思いつく限り原始的かつ野蛮な手段(車刑、股裂き、爆発四散等)で処刑すべき極悪人であることを再認識した。