FC2ブログ

来る8月26日、講談社より新しい本「ハカセは見た!! 学校では教えてくれない生きもののひみつ」が出ます。イラストレーター・安斉俊さんの美麗なイラストとともに、私が国内外で生き物を探したりやっつけられたりした話が満載です。何卒よろしくお願いします。
http://bookclub.kodansha.co.jp/calendar
cov_0727.jpg
※しばらく、トップに置きます。

3538.jpgヒメホソアシナガバチParapolybia varia。兵庫にて。

巣がヒメスズメバチに度重ねて襲撃され、放棄された。守るものもなくなり、周辺の草葉上で何をするでもなく過ごすだけの個体。

3526.jpg恐らく、こんなものを見て喜ぶ変態が世にいるとは思えないが、俺はものすごく見つけて嬉しかったもの。ずっと探し続けて見つからなかったものだったから。今から遠からぬ過去のいつかに、あの精霊が確かにここにいた証。

兵庫にて。

3521.jpgクワカミキリApriona japonica。兵庫にて。

大型で端正な形。日本のカミキリの中でも、かなりカッコイイ部類に思う。

3506.jpg
クマゼミCryptotympana facialis。兵庫にて。

クマゼミは主に午前中盛んに鳴くとされている。俺がまだ幼かった頃、クマゼミの生息地で正午過ぎにその声を聞くことは滅多になかったと記憶しているが、今では午後や日没間際にもけっこう声が聞かれる。セミは気温と明るさに反応して鳴き、その鳴くために必要な気温や明るさの程度は、セミの種によって異なる。
20-30年前とは様変わりした様々な環境要因が、セミをおかしな時間に鳴かせるようになったのだろう。