筑紫恋しい

3114.jpgツクツクボウシ。都内にて。

3113.jpg
ミンミンゼミ。都内にて。

いつも感覚的に思っているのだが、鳴くミンミンゼミに近寄る際、ミーンミンミンの時に近寄るとすぐ鳴き止んで逃げられる。同じ近寄り方をしても、締めのミーーの時に近寄ると、逃げないことが多い。

3112.jpg
アブラゼミ。都内にて。

残り少ない夏を唄う。ド普通種だが、茶色の翅に緑の翅脈というカラーリングは秀逸。

3093.jpgたぶんナガレカタビロアメンボ。対馬にて。

河川上流の岸に沢山いた。この手の仲間としてはかなり大型だが、それでも2mm内外サイズ。水面に堕ちた他の虫に、ピラニアの如く群れで襲いかかる。寄ってたかって針状の口吻を突き刺し、中身を吸い殺す。
こいつらの中に僅かに紛れている、菱形のあの精霊を見つけ出すのに小一時間を要した。

3082.jpg
ニイニイゼミPlatypleura kaempferi。茨城にて。

当然ニイニイヤドリガは、意識して探しているのだが。