FC2ブログ

3706.jpgマクラギヤスデNiponia nodulosa。茨城にて。

倒木下に普通。

3696.jpgイシムカデ系の幼体。茨城にて。

ケヤキ樹皮下で越冬中。

3679.jpgハイイロチビ(ケ)フサヤスデEudigraphis kinutensis。茨城にて。

樹皮下に住み、しばしば群生する。かつては希少種とされていたが、すくなくとも近年では関東の平野部の市街地近郊で、かなり多い。

3650.jpgイソフサヤスデ。千葉にて。

磯海岸の風化岩の隙間などにいる。希少種扱いされることもあるが、生息地では基本的に多産する。

3636.jpgタテウネホラヤスデ一種Antrokoreana sp.。

地下性傾向の強いヤスデの一群。体色は薄く、眼はない。糸くずのように細長いため、凹凸のある野外でこいつの全身にピンの合った写真を撮るのは極めて困難。