3474.jpgトウキョウダルマガエルPelophylax porosus porosus。千葉にて。

上陸直後の幼体。幼い頃、庭先のナメクジ程度に普通にいた動物だと思っていたが、近年ほんとうに減った。

3392.jpgニホンアマガエルHyla japonica。茨城にて。

まどろみ中。

3358.jpgツグミTurdus eunomus。茨城にて。

今は薄汚い色だが、北へ帰る直前には見違えるほど美しくなる。

3359.jpgバンGallinula chloropus。茨城にて。

池を徘徊し、冬眠中のアメリカザリガニをつつき出しては食い殺しまくっていた。

3352.jpgマヒワCarduelis spinus。茨城にて。

カナリアのように美しく可愛い。事実、カナリアの親戚なのだから当然か。冬季、市街地にもしばしば群れを成して来るが、たいてい高い樹幹から降りてこないので存在に気づきがたい。