FC2ブログ

3909.jpgハマベコムシヒキStichopogon infuscatus。千葉にて。

砂浜にいて、他の小さな羽虫を襲う。

3907.jpgスズキナガハナアブSpilomyia suzukii。茨城にて。

飛ぶ様を遠目に見ると、モンスズメバチあたりにそっくり。夏に雑木林で見かける大型のハナアブだが、多いものではない。立木の腐朽部に産卵しにくるメスを見ることがある。

3840.jpgガガンボの類。茨城にて。

Nephrotomaの何か。酷似した種が国内だけで数十種いるらしく、外見で同定不可。

3828.jpgオオマエグロメバエPhysocephala obscura。茨城にて。

スタイリッシュでクソカッコいい。攻殻機動隊に出てくる自動爆撃ヘリ「ジガバチ」を彷彿とさせるフォルムと機動性、攻撃性を兼ね備えている。花々の咲く茂みを高台から監視し、訪花するマルハナバチ類に背後から高速タックルをかます。アタックの瞬間、ハチの腹部に産卵管を打ち込んで寄生する。

3804.jpgハラブトハナアブ一種Mallota sp.。茨城にて。

マルハナバチ類に外見が似ており、擬態していると思われる。初夏、大木の腐朽部に飛来して産卵しているのをよく見かける。似た種がいくつかいるので、迂闊に同定できない。