FC2ブログ

4046.jpgハラビロカマキリ。茨城にて。

カマの内側に鱗粉がついていたので、何かを殺戮した直後らしい。怒ると、まるでお歯黒の如く黒い口器をむき出して威嚇する。オオカマキリのように翅をガバッと開かないので、いまいち迫力に欠く。

4045.jpgマダラスズDianemobius nigrofasciatus。茨城にて。

芝生に普通。ジーー・・と、しみったれた声で地味に鳴き続ける。すぐ跳ねて逃げるので、撮影が意外と面倒な相手。

4043.jpgクチキウマ一種Anoplophilus sp.。長崎にて。

やや標高の高いところにいる、カマドウマなのかコロギスなのかよく分からない風貌の奴。飛べないため、各地で種分化している。採集には、灌木を頑丈な鉄パイプでシバいて回る必要があるというが、夜間に林内の遊歩道沿いの手すりを見ていく方が遙かに楽。

4035.jpgモリズミウマDiestrammena tsushimensis。長崎にて。

夜間、林内に馬に食わすほどいる。酷似したコノシタウマとは、後脚のトゲの並びを見て区別する。

4041.jpgアシグロツユムシPhaneroptera nigroantennata。長崎にて。

平地では見かけず、少し山手のほうにいる。