2873.jpgクメカマドウマDiestrammena apicalis gusouma。久米島にて。

本土にいる普通のカマドウマの別亜種。

2774.jpgアマミコケヒシバッタAmphinotus amamiensis。奄美にて。

森林地帯に住む。小さくて目立たない。

2722.jpgゴキブリらしきもの。福岡にて。

ある計画を進める上で、とても重要なエレメント。しかし、分布が恐ろしく局所的な上、計画遂行に絶対必須たる「無傷なオスの成虫」がどうしても得られずにいた種。最近、ようやく入手することができた。こいつと革命を起こす。

子の音波を以て、子の御器を陥さば何如

夏のアルバムから。
2693.jpg与那国にて。

開けた耕作地に多数いた。現地ではウスヒラタだと思っていたが、どうも違うっぽいやつ。モリゴキ系か。

大昔、新聞で家からネズミやゴキブリが逃げ出す装置の広告を見た。何でも特殊な超音波を発し、それがネズミやゴキブリにとって苦痛なものらしく、家に置いておくだけで耐えきれず出て行くらしい。広告の余白には注意書きで、ペットには一切無害なので安全に使用できます、などと書いてあった。
それを見て、飼っているペットがネズミやゴキブリだった場合どうすんだよと思った。

夏のアルバムから。
2660.jpgメスアカフキバッタParapodisma tenryuensis。愛知にて。

中部・東海地方を中心に飛び地的に分布する。名前の通り、メスは全身が薄い赤色をしていて美しい。しかし、翅が退化して移動能力を欠く彼らは、地域ごとに特有の形態形質を持った個体群になりやすい。ある場所ではこれみたいに、メスが背面のみ赤くなる。

かつて俺が縄張りにしていたクソ田舎の裏山は、たまたまこの色彩変異型の産地だった。全国的にはこっちの方が珍しいのかもしれないが、おかげで俺はかなり最近になるまで典型的なメスアカタイプの個体を見たことがなかった。