FC2ブログ

3878.jpg
チュウガタコガネグモArgiope boesenbergi。茨城にて。

世間的にはさほど珍しくないものとして扱われているが、俺はまだ人生で2回しか見たことがない。こんなもの、どこに普通にいるのか。

3862.jpg
コガネグモArgiope amoena。千葉にて。

名実ともに、夏の草原の女王。コガネグモダマシのどこがどうコレに似てるというのだ?

3816.jpgマミジロハエトリ。茨城にて。

3807.jpg
コガネグモダマシLarinia argiopiformis。群馬にて。

湿原環境に極めて多く、夜間網を張る。しかし、名前と違ってコガネグモには一切似ていない外見。

3786.jpgボカシミジングモYaginumena castrata。茨城にて。

アリを専門に喰らうことで知られる。自分より遙かに大柄のアリすらも、巧みに狩る。しかし、その瞬間を見るのは非常に面倒かつ難しいため、大抵野外で見かけるのはこうして既に狩り終えた獲物を喰う姿ばかりである。
これの同属でマダラミジングモという外来種がいて、それの狩りの仕方は物凄く苛烈らしい。見たいのだが、近所にいない。