FC2ブログ

孔雀壁蝨

4521.jpgナミケナガハダニTuckerella pavoniformis。茨城にて。

各種樹木の幹上に見られる、美麗なダニ。英名ピーコック・マイトと呼ばれ、ダニ研究者の間では有名かつ人気らしい。全身に花びらの如き体毛を装う。
そこら辺に掃いて捨てるほどいるド普通種だが、とにもかくにもべらぼうに小さすぎるため、いてもまず誰も存在に気付かない。俺自身、本当に偶然とあることがきっかけで最近ようやく「見える」ようになったに過ぎない。

邪鬼王

4453.jpg地下空隙から掘り出した。本当は別の標的がいたのだが、出ない代わりにこいつが出た。

色素が薄く、眼がない。全国各地の地下空隙に、これと背格好の似たものが生息している。恐らく、メクラチビ並みにすさまじく種分化しているはずだが、この仲間の分類は極めて難解なため遅々として進まないと聞いている。

栃木にて。

4421.jpgオナガグモAriamnes cylindrogaster。茨城にて。

クモを専門に襲うことで有名なクモ。枝葉の間に粘性のない糸を張り、それを伝ってやってくる他のクモを捕らえる。臨戦体制に入ると、まるでサソリのように腹を背中側に反らし、糸を手繰って獲物を手元に引き寄せる。

4411.jpgハラクロコモリグモLycosa coelestis。茨城にて。

アレを背負っている奴を探しているのだが。

4381.jpgキシノウエトタテグモ。茨城にて。

脱皮直後らしい。妖しい美しさがある。