FC2ブログ

3997.jpgマダラサソリIsometrus maculatus。西表にて。

八重山に生息する、クソカッコいい生物。しかし西表では発見が非常に難しい。全体的に鬱蒼とした森に覆われた同地では、開けて乾燥した環境を好む本種の生息適地が限られるため。虫マニアも素通りする、他の虫がろくにいないような環境にしかいない。だから、あれだけ虫マニア共が大勢入り浸っている島の割には、ここでこれを見たという虫マニアにほとんど出会ったことがない。

本種に関しては、最近いろいろな観点により世間で物議を醸すことが多い。

3986.jpg
ジョロウグモNephila clavata。茨城にて。

メスが食事中なのを狙い、オスがこっそりと近寄って交接を始めた。体格差が絶望的に激しいため、メスが何かに気を取られている隙に行かないと、オスは容易に捕まって食われてしまう。一番のチャンスはメスの最後の脱皮時。

3908.jpg
コガネグモ。茨城にて。

今や複数都道府県のレッドリストに掲載されている、割と稀少なクモ。しかし、色彩と姿、網の雰囲気が典型的クモらしさを醸しているため、市販用クモ殺虫剤のパッケージイラストに「殺すべきクモの象徴」として描かれることがままある。

3878.jpg
チュウガタコガネグモArgiope boesenbergi。茨城にて。

世間的にはさほど珍しくないものとして扱われているが、俺はまだ人生で2回しか見たことがない。こんなもの、どこに普通にいるのか。

3862.jpg
コガネグモArgiope amoena。千葉にて。

名実ともに、夏の草原の女王。コガネグモダマシのどこがどうコレに似てるというのだ?