FC2ブログ

4278.jpgシノビグモShinobius orientalis。茨城にて。

山間部の湿った所に、局所的に住む。これがあれする所をどうしても野外で見たいのだが。

4249.jpgカガリビコモリグモArctosa depectinata。茨城にて。

乾燥した砂地で見かける。普通種とは言い難いが、いる場所には多いイメージ。

4215.jpgキシノウエトタテグモ。茨城にて。

こいつもキノボリもそうだが、多産地に夜間行くと季節を問わず表を出歩いている個体にしょっちゅう出くわす。頻繁に巣を捨てて移住しているようである。
本種は絶滅危惧種として知られる一方、生息地がたいてい人為の影響を多大に受ける場所にある関係上、土砂と一緒に人の手であちこちに運ばれてしまう。そのため、現在各地で見られる個体群のうちいくつかは、その場所特有のものではない可能性がある。最新版の埼玉県版レッドリストは、この理由により本種をリストから外してしまった。

4188.jpgなぜか出歩いている個体を発見。黒紫色の、強靭な体躯。もともと地中で土木工事して暮らしていた仲間だけのことはある。

4187.jpg今日も失敗した。

撮影にもたついている間に、どんどん気候が温暖になってきてしまい、ただでさえ素早い動きがもはや対応不可能なスピードになりつつある。今年はもうダメかもしれない。