106.jpgハシボソガラスCorvus corone。長野にて。

家の近所の田んぼに、常に一定数のハシボソガラスが来ている区画がある。俺は時間さえあればいつもそこに行ってカラスの撮影を試みるのだが、奴らは頑なに撮影を許してくれない。特に望遠レンズのように長細いものを見せると、すさまじく怯えて瞬時に逃げ去ってしまう。猟銃などで脅かされた経験があるのだろうか。
そんな田舎のカラスだが、ごく最近になって、ようやくまともに何枚か写せた。カメラを向けただけですぐ逃げてしまう田舎ガラスを至近で撮影するのは、それなりの手はずを順序よく踏まない限り絶対に不可能である。

まず、田園の道を自転車で走り、道脇近くの田畑で餌をついばむカラスを探す。道から近いところにいる個体を見つけたら、自転車に乗ったまますれ違う。この段階で逃げないようなら、すれ違った後数m前進してから停車する。この時、カラスの方に顔を向けてはならない。あさっての方向を見ながら後ずさりし、決して凝視せず時々横目でカラスの居場所を何となく確認する。
そのままある程度後ずさりする最中にカラスが飛び去ってしまわないようなら、適当な場所でカラスに背を向けたままゆっくりしゃがむ。カラスに見られないようにカメラの準備をする。そして、まだカメラを構えずただ手に持った状態で、後ろにいるカラスにチラチラ見せたり隠したりを繰り返す。そうしてカラスが逃げないようなら、カメラをあさっての方向に構えて撮影するふりをする。
それでもカラスが逃げなければ、自分の体はカラスの方に向けず、カメラだけをカラスに何となく向ける。そして、カメラのライブビュー機能を使ってモニターを横目で見つつ、カラスの様子をモニターで確認する。これで数枚撮影し、逃げないようならここで初めてゆっくりカラスに向き直り、本格的に撮影を開始する。とにかく、こちら側に他意がないことを、これでもかというほど態度で示すのである。

これだけ周りくどいことを周到にやっても、逃げる個体は逃げる。田舎ガラスの撮影は、フィールドでの野生動物への近づき方、距離の取り方を学ぶいい訓練になると思う。至近でカラスが自然に振舞う様をたやすく撮影できるようになれば、この世の中の大概の野生動物は簡単に撮影できるのではないだろうか。俺はまだ全然その境地に達せられる気配はないが。

108.jpg
107.jpgこの個体は、かなり自然に振舞っていた。いや、連戦連敗の俺を気の毒に思って仕方なく自然に振舞っているように見せてくれていただけかもしれない。周囲には何羽かいたが、こいつを残してみな逃げ去ってしまった。
ハシボソは、ハシブトに比べて紫の光沢が弱く、体色がより漆黒に近い。背景が極端に明るすぎる場所だと、ハシブト以上に真っ黒に写ってしまいやすい。

105.jpg
ハシボソは、よくアスファルト道路でクルミを上空から落として割る。そのため、ハシボソの多い地域では道路に真っ二つに割れたクルミの殻がよく落ちている。ニホンリスも真っ二つにクルミを割るが、リスの場合割れたクルミの殻断面のヘリに最低一箇所、必ず削れた部分があるので区別できる。
頭がいいカラスは、車道にクルミを置いて轢かせる。仙台の自動車教習場にいるカラスがこれをやるので知られているが、俺の近所でも時々やるのがいる。今や全国に、似たようなことをするカラスがいるのだと思う。それは、妙なテレパシーの類で全国のカラス達に文化が伝播・共有されたからではなく、それぞれの地域にいるカラスが独立に「走る車の軌道上に物を置くと物が潰れること」を、経験と観察により学習した結果であろう。
不思議なのは、こういう賢い行動をとるのはハシボソばかりであること。今までハシブトがクルミを割ろうと努力しているのを見たためしがない。

137.jpg
アトジロエダシャクPachyligia dolosa。春先に出現。長野にて。

77.jpgハシブトガラスCorvus macrorhynchos

先週末に都内に用事があって出かけた折、都市部の緑地公園までわざわざこれを見に行った。クソ田舎の地元ではハシボソガラスばかりで、全然(でもないが)ハシブトが見られないのである。しかも、中途半端な田舎のカラスは人間に見慣れないものを向けられると、危険なことをされると思ってすぐ逃げてしまう。だから、カメラを向けることをなかなか許してくれず、撮影が非常に難しい。
都市公園で見られるカラスは、カメラを向けてもさほど嫌がらない個体が多い。そして、近づいてもすぐには逃げない場合が多いため、じっくり観察できる。身近に見られる鳥類で一番大きく、恐竜らしさが堪能できるカラスは、幼い頃から大好きな鳥である。カラスの大群が公園の一角に群れていると、俺は喜び勇んで突撃したものだった。今でもそうする。
もし生きたカラスの群れを、骨だけ透視して見ることができたなら、その光景はきっとジュラシックパークに出てくる「常に群れで行動してて、小さいけど凶暴なアレ」そっくりに違いない。

79.jpg黒目がちで円らな瞳が可愛い。しばしば、ホラー漫画では目が赤や黄色の凶悪な目つきのカラスが出てくるが、どういう思考をすればカラスに対してそういうデフォルメをしようと思えるのかが全く理解できない。鳩のほうがよほど凶悪な目つきをしている。
ハシブトガラスは、ハシボソに比べて額が出っ張っているように見える。正面から見ると、何となくゴリラに似た雰囲気がある。

80.jpgシャッターを切った瞬間に瞬きしてしまい、珍奇な顔に写った。どんな美人女優やらアイドルだって、瞬きした瞬間はへんな顔である。
何より羽の色が綺麗。ハシブトガラスは黒い鳥ではなく、紫の鳥である。薄曇りの明るい日に見ると、一番美しいと思う。園内の他の何も見ず、ただカラスだけを見ているうちに一時間経ってしまった。時間泥棒め。



しかし都内の公園というのは、カラスを見るには最適だが好蟻性昆虫を探すには最低な場所だ。昨今の都市公園はどこでもそうだが、道端の石をあまりに片付けすぎており、ひっくり返せるものが何もない(なぜか、西日本ほどその傾向が強いように思う)。地面に半分埋まった物体の裏にできたアリの巣から好蟻性昆虫を探す方式を、幼い頃からずっととり続けてきた俺にとっては、ひっくり返せるものがない場所ではできる仕事が何もない。
おかげで、本来なら目をつぶっても採れるようなアリノストビムシ、オカメワラジムシすら発見できなかった。
通り道ならいざ知らず、およそ人の立ち入らないような場所まで小奇麗にそういう物が片付けられているのには閉口する。朽木だとシロアリ等の害虫発生の温床になるから片づけるというのも分かるが(俺としてはそれすら残して欲しいが)、せめて石くらい、人の来ない場所に置いてあったっていいだろうに。

最近の日本は、自然を荒らしていい場所といけない場所の区分けが極端すぎる。守る箇所ばかり人を追い出して過剰なまでに守り、それ以外の箇所は全て建物か駐車場か観光施設にしてしまうイメージ。

侵略完了でアリます

142.jpgトビイロシワアリTetramorium tsushimae。日本のアリの中では最普通種で、開けた環境であれば南西諸島をのぞき日本中どこにでもいる。街中にも非常に多く、埋め立て地ができると一番最初に侵入してくるようなアリ。極端な高標高地以外で、こいつがいない地域を探すのは困難である。

かつてはヨーロッパにいるT. caespitumというのと同種扱いだったが、今では別種になっている。T. caespitumも生息地内では優占する種で、日本のトビイロシワアリ同様に人の居住区周辺に多い。物資の往来とともに本来分布しなかったアメリカにまで侵入・定着し、問題になっているようだ。
こういう、人為的な往来とともに分布を広げるようなアリを放浪種tramp speciesとよぶ。日本で問題になっているアルゼンチンアリなどもその一員だ。

長野にて。

138.jpgケシミズカメムシHebrus sp.。とても小さい半水性カメムシ。よく似たカタビロアメンボ類Veliidaeほど水面に出ず、水際の地面にいることが多い。草深い水辺では、非常に探すのが難しい。
いつも通りすがる山間の池のほとりで、6年ぶりに見つけた。ちゃんと生き残っていたんだな。長野にて。

ジャック・ザ・立派ー

139.jpgヒロバカゲロウ一種幼虫Osmylidae sp.。半水性で、水辺の石やコケの下に住み、他の小動物を襲う。切れ味の良さそうな、凶悪なサーベルが奴の自慢。実際は切り裂くのではなく、突き刺して中身を吸い取るための顎。

長野にて。

136.jpgオオトゲアリヅカムシ一種Lasinus sp.。湿潤な森に多く、石を裏返すとときどき見つかる。3-4mm近くある、日本産のこのグループにしては破格の巨大種。名前とは違ってアリとは関わりなく、腐葉土下で自由勝手に生きている。肉食で、ダニやトビムシを喰っているらしい。

たぶん数百種ちかく知られる日本産アリヅカムシのうち、本当に好蟻性の種は30種前後しかいない。しかし、アリと関係あろうがなかろうが、いずれも立体的でかっこいい形態の種類ばかりである。それゆえ、焦点深度の浅いマクロレンズで全身にピントのあった、なおかつ解像度の高い写真を撮るのは容易でない。上の写真も、あまり満足していない出来。

長野にて。

135.jpg美麗なハエ。たぶんミドリイエバエ一種Neomyia sp.?(イエバエ科)。よくいるキンバエ類(クロバエ科)かと思ったが、背中の剛毛の生え方が明らかにクロバエ科のそれに見えない。東南アジア某所にて。

ジャングルの下草のあちこちでテリトリーを張っていた。しかし、街中の食堂にいるイエバエ類と違って、外で弁当を広げて食べている時に、人の食べ物にしつこくたかろうとしない。前日何者かがひねり出した野グソにはたかっていたので、かなり腐敗の進んだ汚物にしか来ない種類なのかもしれない。

いくら見た目が美しくとも、結局はただの小汚いハエであった。

あわびゅ

122.jpgアワフキ一種幼虫。尻から出した粘性の高い排泄物に空気を混ぜて泡立て、その中に自分が隠れて身を守る。すでに泡巣を作り終えた状態のものはよく見るが、今まさに泡を作っている最中のは初めて見た。

東南アジア某所にて。

131.jpgケブトヒラタキクイムシMinthea rugicollis。東南アジア某所にて。

この仲間は、木製家具に穴を開ける屋内害虫として有名。東南アジア原産らしいが、物資の往来に伴い今や世界中に広がっている。雨が降って外へ調査に出られなかった日、ホテルの部屋のタンスの引き出しという引き出しを全部引き出したら、中にいた。

132.jpg
探そうという気さえあれば、地球上すべての場所が虫探しの舞台である。俺は今までの人生の中で、虫を探していなかった瞬間がビタ一秒たりともない。


まったく関係ないが、今朝の国営放送のニュースで、ツシマヤマネコを人工繁殖させる試みの話をしていた。ある動物園で、ネコを断食させて見合いさせたらすぐ交尾したらしい。それに関して国営放送の解説員が、「餌を絶たれて生命の危機を感じたネコが、種の保存本能を刺激されて交尾した」と言っているのを聞いて、思わず飲んでいた牛乳を鼻から吹きそうになった。
大学の生物学の授業中にこんなこと言ったら、この解説員はニッパーで鼻の穴の間の壁をパチンとやられるな、と思った。

血吸いナナフシ

133.jpgアシナガサシガメ一種Emesinae sp.。糸のように細い胴体と脚を持つ。前脚はカマになっており、弱小昆虫を餌食にする。東南アジア某所にて。

121.jpgアザミウマ一種。ホテルの植木の葉裏に多量にいた。東南アジア某所にて。

麦芽の底力

miro.jpgミロたんMoechara milo。東南アジア某所にて。

東南アジア一帯では、なぜかあの牛乳で溶かすミロが非常に繁栄している。高速道路沿いの随所には巨大なミロの看板が立っているし、ちょっとしたレストランなどでドリンクのメニューを見れば必ずミロがある。飲むやつだけでなく、幾つかのパターンのチョコレート菓子にもなっており、しばしばきちんと三食を摂れないジャングル生活では重宝する栄養源である。

飲むやつも、大袋の中に粉が満ちているタイプと、大袋の中に粉入りの小袋が幾つか入っているタイプの2種類がある。その後者のタイプのやつを見たら、各々の小袋の裏に萌えキャラの絵が書いてあるのに気づいた。それぞれ絵柄が異なっており、中でも上のやつが一番俺の心の琴線に触れたので思わず撮影したが、後で写真を見直すとそんなに可愛くなかった。
日本では最近とんと買って飲んでいないが、日本のミロにもこういうキャラがいるのだろうか。

セカンドアース

130.jpgニセマイコガ科の、恐らくAtkinsoniaあたりの蛾。拡大して写真に止めてしまうとそうでもないが、生きて動いている様を見ると、毒針をもつトゲオオハリアリに恐ろしい程そっくり。体サイズや歩き方、青みがかった全身の光沢はもとより、翅端が膨らんでいる様子が遠目には膨らんだアリの腹を見事に再現している。
また、トゲオオハリアリは腹部に白い微毛がビロード状に覆っているため、陽光下ではいつも腹部背面が白く輝いて見える。この蛾は、翅端の光り輝く鱗粉でそれすら再現しているのだ。いったい、この形が完成するまでにどれほどの年月がかかったのだろうか。どんな淘汰が働いたのだろうか。

東南アジア某所にて。

ブルージェンダー

124.jpg
125.jpg全身碧メタリックのアリ2種。上がトゲオオハリアリDiacamma sp.、下がトゲアリPolyrhachis sp.。ともに同所的に生息し、体サイズもほぼ同大。前者は強力な毒針をもつため、後者はそれに擬態しているのかもしれない。

東南アジア某所にて。

120.jpgハシリグモ一種Dolomedes sp.。夜、月明かりの下で獲物を待ち伏せる。東南アジア某所にて。

IMG_9399.jpgノイヌ。東南アジア某所にて。犬畜生の写真には何の執着も未練もないので、クレジットすら入れない。

まだ幼い仔犬。近寄ってきそうだったので、奇声と珍奇な踊りで脅して遠ざけた。海外ではたとえ小さくて可愛らしい(と一般に言われているが俺は全くそう思わない)仔犬でも、狂犬病を持つ個体は持っていると考えてしかるべきである。外見でキャリアーか否かは判別できない。成犬より手を出しやすい分、むしろ危険性は高いだろう。狂犬病は犬に噛まれるだけでなく、ささいな傷や粘膜を舐められただけでも感染することを忘れてはならない。

海外の仔犬でもう一つ厄介なのは、近くにいるであろうその親犬。自分の子供を守るためにいつもにも増して攻撃的になっている。子供が幼いほどその傾向は強い。ボルネオの宿舎に泊まっていた時、近所の原住民が飼ってた犬がタイミング悪く出産してしまった。宿舎を出入りする時必ずその家の前を通らねばならぬのだが、通る人間誰彼構わず襲い掛かるので、宿泊者はみな迷惑していた。
熱帯諸国には、犬を鎖でつなぐなんて文化はない。もっとも、それは今の日本の市街地にある緑地公園でも似たりよったりだが。



関係ないが、俺は近年日本で犬を散歩させるときに多くの飼い主が使っている「巻尺みたいに伸び縮みする紐」が、心から許せない。あれでは犬をつなぐ意味がまるでない。ただの儀式である。犬が嫌いな人間からすると、向こうの射程範囲がいったいどこまでなのかがわからないので、ストレスフル。つながれているからと油断していると、すれ違いざまにこちらの予想を超えて接近してくることがあって、心臓に悪い。
世の中には虫や蛇が嫌いな人間がいるように、犬が嫌いな人間もいる。あの巻尺を当たり前に使っている犬の飼い主も、あれを考案して製品化したメーカーも、なぜ公共の場所で犬をつながねばいけないのか、そしてそれがなぜ各地の条例でわざわざ義務付けられているのかを、一度考えてもらいたいものである。

トンボ・エゾトンボ一種1、エゾトンボ一種Corduliidae sp.。ジャングルの沢を行く。しかし、この仲間はなんでエゾトンボと言うんだろうか。熱帯亜熱帯にもたくさんいるのに。

マレーにて。

97.jpg羽化直後のコケガLithosiinae sp.。コケガの仲間は小型だが、赤やオレンジの地に細かい黒い点やスジが入り、なかなか綺麗な種の多い分類群。蛹は幼虫時の毛で覆われているので、触ればきっと刺す。マレーにて。

こけがコケガ一種Lithosiinae sp.幼虫。樹幹に夜現れ、樹皮をかじっている。フワフワした丸っこい感じで、ついナデナデしてやりたくなる。しかし、実際にやるととんでもないことになるので、決して素手ではさわれない。「こんなキメェ虫、誰が好き好んで触るかボケェ」という人間がいるかもしれないが、フィールドで樹皮を剥いで虫を探す時に、たまたま潜んでいたやつに触れてしまうことがあるのだ。

肌に触れた途端、この一見柔らかそうで実は針のように鋭く硬い毛がびっちり刺さってくる。これは毒針であり、刺さって数十秒後にジンジンと痛がゆさが患部に襲い来る。慌ててこすると毒針をさらに肌にすり込むことになるため、ガムテープをベタベタ貼って剥がしてを繰り返し毒針を抜くのがよい。しかし、こうしてすぐ毒針を抜いたとしても、数日は痛がゆさが残り続ける。

植物の茎に生えるガラス質の細かいトゲが指に刺さった時にも、ガムテープは活躍する。フィールド調査の必需品だ。

タイにて。

88.jpgミツギリゾウムシ一種Brentidae sp.。熱帯ではさんざん見かけるこのゾウムシの仲間だが、日本ではいるはずなのにまったく見たためしがない。たぶん日本には存在しない生物なのだと信じている。

東南アジア某所にて。

あの日見た雑草の名前をわしらは知るよしもない。

91.jpg東南アジアの日あたり良い場所に生えるシダ。道路の法面などには大抵これが優占する。悲しいほど虫がつかない植物な上、これが繁ると他の植物が生えなくなってしまう。こればっかりが生える草原地帯は、生き物の気配がない死の空間となる。

そんなわけで、向こうの国でこのシダがたくさん生えているとうんざりしてくるのだが、よく見てみると不思議な形をしていてなかなか面白い。茎がクキクキ曲がって広がるのだが、それが綺麗な六角形を形作ることが多いため、俺は勝手に「ロッカクシダ」と呼んでいる。実際の和名が何なのかは知らないし、そもそも和名がついているかもわからない。しかし、ついているならばほぼ間違いなくロッカクシダよりは面白くない名前であろう。雑草だし。
マガリシダ、ノリメンシダ、シゲリシダ等、一体どれほどひねりのなくつまらない和名がこの草についているのかを予想するのが、向こうの国での俺の密かな楽しみになっている。

93.jpgオトシブミ一種Attelabidae sp.。東南アジア某所にて。

日本の本土には多くの種類のオトシブミがいるが、東南アジアにもかなり種類が多い。なのに、その中間にあたる沖縄など日本の南西諸島には、まったく(狭義の)オトシブミがいない。なぜだろうか。

余命幾許

94.jpgウンカ系の何かの幼虫。腹部に、捕食寄生者であるカマバチDryinidaeの幼虫が取り付いている。やがて寄主を殺して外へ出てくる。東南アジア某所にて。

有望株

95.jpg見慣れない雰囲気のカマキリの幼虫。林縁の苔むした土手にいたもので、苔そっくり。

96.jpgいかにもそれらしい風貌といい、極端に短い触角といい、恐らくコケの多い地表で生活するのに特化したかなり特殊な種のように思える。一般的に、幼虫期にへんな姿のカマキリは成長に従ってあまり面白みのない姿に変わっていってしまうケースが多い。でも、きっとこいつは成虫になっても変な姿で居続けそうな気がする。

東南アジア某所にて。

98.jpg巨大なクマバチ一種Xylocopa sp.。テリトリーを張るオス。見晴らし良い場所に突き出たお気に入りの止まり木の上で、巨大な目を光らせて侵入者を警戒する。上空をよぎるものには、何にでも反応して追撃しに行く。日本のクマバチのオスも春先にテリトリーを張るが、常にホバリングしていてとまることはない。

今でこそハチのオスは刺さないことを知っているから、道ばたでホバリングするクマバチを素手で掴み取るなど造作もない事だが、小学校2年の頃はクマバチがとても恐ろしかった。学校帰りの通学路にたった一匹オスのクマバチがテリトリーを張っていただけで、俺はその道を通ることができなかったのを覚えている。

マレーにて。

前頭部絶壁

100.jpgヒラズオオアリ一種Colobopsis sp.の新女王。樹上性のアリで、顔が寸断されたように平らなのが特徴。枝に空いた虫食い跡などに営巣し、出入り口を常にこのコルクのような頭で塞ぐ習性で知られる。夜間灯火に翅アリはよく飛んでくるのだが、巣を発見するのは極めて難しい。
熱帯の木はみな高いので、樹上性のアリを調べるのは容易ではない。きっと、そんな高木のてっぺんに住むアリとしか共生しない未知の好蟻性生物たちが、まだまだいっぱいいるのだろう。

マレーにて。似た種は日本にもいる。

101.jpgナナフシ一種。模様がきれい。発達した翅をもち、脅かすとどこまでも飛んでいってしまう。マレーにて。

蝦蟇もおだてりゃ

リョウ・キノボリガマ一種1キノボリガマ一種Pedostibes sp.。樹上性のヒキガエルで、通常は発見困難だが繁殖期には見つけられないこともない。沢沿いの樹幹に静止し、「ヨ゛ーヨ゛ーッ」と必ず2回区切って鳴く。かなり遠くからでもよく聞こえる声。

マレーにて。

78.jpg
アオサギArdea cinerea。海沿いの養殖生簀をうろついて、獲物を探す。少なくとも人が見ている昼間は生簀の中の高級な魚には手を出さず、生簀周辺に寄ってくる小魚を取る。見ていたら、アイゴSiganus fuscescensの幼魚を捕まえて食った。あんな毒トゲだらけの魚をよく丸呑みできるものだ。

沖縄には、アイゴの子を塩辛にしたスクガラスという食物がある。食ったことがないのだが、食う時に口を刺されないのか心配になってしまう。

静岡にて。