2787.jpgコジマチカヨコエビEoniphargus kojimai。静岡にて。

行きつけの裏山の脇に、小規模の湧き水がこんこんと出ている場所がある。もしやと思ってそこを掘り返して洗い出したところ、多数の個体が得られた。ネット上で公開されている検索表を使って、どうにか同定した。
関東周辺の地下水脈で見つかっている生物で、眼はない。体の色素も失せて、生時は透明に近い。健康診断の日に、レントゲンを撮る手間が省ける点で人間より有利。

この手の地下性甲殻類は、かつては洞窟内のたまり水を探すか、井戸水を汲んだ中にたまたま紛れているのを探す以外に姿を見る術がないと思われていた。しかし最近、道脇のちょっと水がしみでているような場所を掘り返し、そこの土中の砂礫を洗うだけで結構採れることが判明したのである。こういう生物がその方法で採れるならば、同様にして地下性の水生昆虫も採れるんではないかと踏んでいるのだ。

日本の地下水中には、ものすごく変わった姿かたちのゲンゴロウが住んでいる。ほぼメクラチビゴミムシの水生バージョンみたいな風貌の奴で、体長1-2mmしかないゴミカスみたいな虫なのだが、その見た目の珍奇さ、究極の採り辛さからこれを求める虫マニアは多い。しかし、これを採るためには手押しポンプ井戸を水が枯れる位まで死ぬほどこいで水をくみ出すか、もしくはモーター式の井戸ポンプに取り付けられている不純物こし取りフィルターを外して確認するかをせねばならない。
現代日本においてそれは大変に至難である。そもそも井戸というもの自体がなかなかない。仮にあったとしても、井戸は大抵所有者がいて、大切に管理している。その井戸から水を無為かつ大量にくみ出すとか、内部に噛ませたフィルターを見せてもらうなどの行為は、よほどそこの井戸の管理者と親しくなり、かつ理解を示してもらわないと不可能である。もはや虫採りの範疇ではなく、見知らぬ人との交渉術の問題になってくる。そのため、多くの虫マニアは誰もが一度は地下性ゲンゴロウを手にしようと憧れるが、まもなくそれがあまりにもハードルの高すぎる案件であるのを悟り、以後考えることをやめる。
我々のアクセスする手段が現状では井戸しかないという事実が、地下性ゲンゴロウの発見・研究を著しく困難にしている。そのため、日本国内に数種いる地下性ゲンゴロウのうち大半は、史上1匹とか3匹採れただけで、なおかつ近年の存続の有無すら定かでないものばかり。

今のところ、地下性ゲンを井戸以外の手段で採った者はいない。最近、ランダムに地中に金属棒を差し込んで地下水を汲み出し、水脈の生物を採る器具が開発されたらしいが、入手の方法が公表されておらず、市販はまだのようだ。
湧き水の川底を丹念にふるうやり方では、地下性ヨコエビの他メクラミズムシといった通常では採集至難な地下性甲殻類も採れることがわかっている。これでゲンだけが採れない理由はない。
なるだけ関西地域で、平地の里山環境にある些細な湧き水のある場所を探したい。場所さえ見つければ手堅い自信があるが、土地勘もツテもないので、そこで止まっている状況。

男なら誰もが地上最強に憧れるというのはグラップラー刃牙を見ればわかることだが、同じく虫マニアなら必ず一度は地下性ゲンに憧れる。俺も今まで生きてて数回地下性ゲン熱が上がり、その度にそれがあまりにも無謀な夢であるのを思い知って冷めてきた。寄せては引く地下性ゲン熱だが、ここ2年ほどは寄せたまま引いてない。ここでたたみかけたい所。


篠田授樹(2006)東京都の湧水等に出現する地下水生生物の調査。研究助成・一般研究VOL.28-NO.164 :1-49
富川光, & 森野浩. (2012). 日本産淡水ヨコエビ類の分類と見分け方. タクサ: 日本動物分類学会誌, (32), 39-51.

2817.jpgウロコナガコムシLepidocampa sp.。浦の星ナントカ学園を臨む山にて。

暖地の森の石下では普通。体表面が、きめ細かい鱗で覆われており、質感が上品。ナガコムシ類は研究者がとても少なく、まだ分類学的に問題をはらむ仲間。
日本にいるこの仲間は、古い時代にわざわざ海外から日本にやってきた研究者が多く記載している。そのため、彼らの滞在した温泉宿場町周辺が模式産地となっている種が多い、という話をよそで聞いたことがある。

2816.jpgアメイロアリNylanderia flavipes。浦の星ナントカ学園を臨む山から。

生息密度は高く、森林で石を裏返せば3つに一つは営巣しているほど。しかし、これの巣にはハガヤスデとトビムシが多少付く程度で、好蟻性の観点からは全く使い物にならない。

アメイロアリが多く見つかるのは、湿潤な森林環境であるが、よく探せば草原や市街地でも見かける。不毛な火山岩地帯の荒地や、海岸にさえ生息している。1種のアリが、ここまでチャンポンな生息環境の許容範囲を示すとは到底思えない。実際にはこの種は、外見で区別できないがスペックの異なる、複数の種で構成されているように思える。

2783.jpgウロコアリStrumigenys lewisi。浦の星ナントカ学園を臨む山にて。

冬の石裏は、たいてい結露している。こういう環境のアリにはラブルベニアがいていいと思うのだが、今なお発見ならない。

2782.jpgアキヤマアカザトウムシIdzubius akiyamae。浦の星ナントカ学園を望む山にて。

石を裏返すとよく見つかるが、それらは例外なく地蔵のように動かない姿ばかり。本来どのような振る舞いをしているのか知らない。

2784.jpgアカツノカニムシPararoncus japonicus。浦の星ナントカ学園を臨む山にて。

各地の石下に珍しくない。どういうわけか冬しか見かけない。

2785.jpgあの辺りに浦の星ナントカ学園があるらしい。

2777.jpgスズカホラトゲトビムシPlutomurus suzukaensis。静岡にて。

本州と四国の洞窟に住む。全身が銀白色で美しい。眼自体はないが、眼が本来ある辺りに黒い色素が沈着しており、結果として眼があるように見える。
有機物の溜まった場所に、みだりに多い。

2780.jpg地下性生物。

ある洞窟に特有の種。いることはわかっていたが余りにも珍しすぎて、発見には都合3年を費やした。ピンポイントで生息する洞名を冠するため、名前など書けない。
糸くずのように細くて繊細な生物だが、完全に退色しているばかりか体表面に複雑な彫刻をあしらい、まさに中世ヨーロッパの装飾品の趣すらある。

根暗チビ

2778.jpg地下性甲虫。

ある洞窟に特有。その時により見つけやすかったり、まったく見つからなかったりの差が著しい種。ピンポイントで生息する洞名を冠するので、種名を書けない。見て分かる奴だけが見て分かればいい。つまり業務連絡。

ボロギギリ

2779.jpgナガトゲオビヤスデEpanerchodus lobatus

富士山麓に点在する火山岩洞窟に生息する、地下性生物。洞口から深部まで広く見られるが、深部の個体ほど退色する傾向にある。完全無色の種に比べて、色の抜けない本種は三下のように思っていたが、これはこれで美しいかもしれない。

膝丸燈

2808.jpgオオミノガEumeta japonica。静岡にて。

たまたま多産するエリアを発見した。あれだけの数をまとまって一度に見たのは久しぶり。というより、下手すれば人生初かもしれない。しかし多産といっても無尽蔵にいるわけではない。また、そこから数百m離れた所にある、去年そこそこの数を見た区画には全然いなかった。年により、発生のコアエリアが変動するように思える。
情けないことに、これの成虫と交尾を生まれてこのかた一度も見たことがない。なるべく自然状態で観察する機会に恵まれないものか。

2809.jpg
一見、小枝を平行に並べて付けているのでチャミノと思ったが、上部を枝にガッチリ固着させない紡錘形なのと、そもそもサイズがチャミノに似つかわしくない様だったので、オオミノガと断定できたもの。

2810.jpg
オオミノガは広食性で、様々な樹種の葉を食べると言われている。とはいえ、一つの地域内でこれが多く付いている樹種には結構偏りがあるように思う。この撮影エリアでは、数ある樹種の中でも栗と梅に集中している雰囲気だった。予想だが、これは地域個体群によって嗜好樹種が違うというよりは、母蛾のミノから一令幼虫たちが孵化・脱出した際に何らかの理由で上手く周囲に分散できず、そのまま母蛾のいた木に多数の幼虫が居ついて成長した結果なのではなかろうか。それならば、年により多く目に付くエリアが変動することに対しても説明が付く。

日本においてオオミノガは、大陸から侵入した寄生バエによって全国規模で蹂躙されるまでは決して数少ないものではなく、場所によっては大発生して庭木や果樹に大害が及ぶほどだったらしい。そこまでオオミノガがうじゃうじゃいる光景を、生きているうちに一度でも見てみたかった。日本にハエが存在しなかった時空まで遡らない限り、もはや叶わぬ夢だろう。

2799.jpgクロツラヘラサギPlatalea minor。九州にて。

東アジアにしかおらず、しかも個体数の極めて少ない絶滅危惧種として知られる。冬に主に西南日本に飛来し、河口部などで越冬する。見るまで気づかなかったが、ここは毎年一定数のコレが来る場所だったらしい。普通に通行人がバンバン通るような道のすぐ脇で、集団で突っ立っていた。
俺は初めて見たので、感激して座って動かなかったが、通行人はみな特に騒ぎもせず普通に通り過ぎていった。希少種が身近にいることは素晴らしいが、一方でヘンに大騒ぎして構ったりせず、互いに見て見ぬふりして過ごすのも、人と野生動物のあるべき姿なのかも知れないと思った。

2801.jpgヘラのように変形した珍奇な嘴が奴の自慢。間抜け面にも関わらず、獰猛な肉食性の恐竜。幅広い嘴を開いたまま水面に突き立て、首を左右にリズミカルに振りつつ浅瀬を練り歩く。嘴に小型の生物が当たった瞬間、反射的にそれに噛みつき、丸飲みにしてしまう。

2802.jpg冬の間、基本的に日中はだらだら過ごしている。寒い時期、河口の浅瀬に獲物の魚がいないらしく、無駄に動かずに体力を温存する。夜間、内陸部の池に移動して獲物を食い漁るという話を聞いた。

2800.jpg瞳は燃えるように紅で、目つきは精悍。カモを見てもカモノハシ恐竜とは思わないが、これはカモノハシ恐竜に見える。実際、骨だけにしたらカモノハシ恐竜と大差なかろう。
嘴の表面には、細かいシワが沢山寄っている。たぶん、予想だがこのシワは人間の指紋、牛の鼻紋と同じで、個体によって入り方が違うような気がする。

2805.jpgコサギEgretta garzetta。九州にて。

水辺を徘徊し、獲物に狙いを定める。やはりサギは前足と尾を付けたら、どう見てもラプトル。

白鷺は外見は美しいが、声はゾンビ並みの酷さ。外見ばかり綺麗に見繕い、中身がアレな人間の事を、白鷺のような人と呼んでいる。

2807.jpgヒドリガモAnas penelope。九州にて。

ピュウー、と笛のような、ダミ声のカモらしからぬ声で鳴く。夜間、水から上がって雑草を食うらしく、岸辺にはこれの糞がやたら落ちている。

2806.jpgコガモAnas crecca。九州にて。

いつも思うが、カモ類のオスに見られる部分的なメタリックグリーンは、自然界に見られる最も美しい色の一つではなかろうか。頭だけとか羽の一部だけとかケチらず、全身この色のカモが見られるというなら見てみたい。

でも、もし実際にそんなのいたら、確実に乱獲されてこの世にいないだろう。

うまかっちゃん

2793.jpgハシボソガラスCorvus corone。九州にて。

浜に打ち上げられたゴミを嗜む。

2794.jpg新聞を読んで、世界情勢の把握にも余念がない。

2792.jpgウミアイサMergus serrator。九州にて。

髪型がイカす。肉食性の獰猛な恐竜で、水中を縦横無尽に泳ぎ回って魚類を襲う。嘴の内側には、食らいついた獲物を逃がさぬよう細かい歯まで生えている。

2798.jpgシロハラTurdus pallidus。九州にて。

長野のクソ田舎でもよく見た恐竜だが、九州のものは明らかに明環境に進出して採餌する傾向が強い。長野ではまず薄暗い茂みから出てこず、警戒心も非常に強いので、身近にいながら撮影の難しい生物だった。

2795.jpgハマシギCalidris alpina。福岡にて。

2796.jpg干潟の波打ち際を落ち着きなく練り歩き、小動物を脅かす肉食恐竜。遠方の国より数多のシギが襲来する冬から春、鳥マニアは大喜びだが干潟の小動物にとっては蹂躙の季節といえる。

2803.jpgイソシギActitis hypoleucos。九州にて。

群れずに行動し、光のスピードで獲物を仕留めるスナイパー。

2804.jpg見ていると、ハマシギと違って襲撃時に長い嘴を泥に垂直に刺さない。顔を斜めにして、嘴の側面を使って獲物を刈り取るように見える。

2797.jpgオカヨシガモAnas strepera。九州にて。

居住区から遠くない所に、水生恐竜が多い場所があることをすっかり忘れていた。据え恐竜拝まずは男の恥なので、見に行くことにした。

2791.jpgドウクツケシガムシCercyon uenoi

ガムシの仲間は水生昆虫として名高いが、陸生種も相当多い。陸生種は軒並み微小で、動物の糞や腐敗物といった有機物を餌にしている。海外には、アリやシロアリの巣のごみ溜め部屋にしか住まない者さえいる。水生ガムシは英語でウォータースカベンジャービートルだが、スカベンジャーなのは陸生種も変わらない。

九州の限られた洞窟内の、限られたハビタットに固有の種。コウモリのクソの山に潜り込み、これを餌とする。日本産ガムシ類としては恐らく1番地下生活に特化した種で、体が赤い。しかし、眼までは退化しなかった。
元々生息域は極限される。さらに、産地の外見上の環境は昔とさほど変わらないにも関わらず、激減しているという。一見、地上とは隔絶された環境に思える洞窟も、その構造や立地により外界の影響を多分に受けるものである。洞窟の生き物が少ないという時、それがたまたま調査した時の季節的な要因のせいなのか、本当に環境が悪くなって減っているのかは、慎重に判断されるべきであろう。

2790.jpg体長3mmに満たず、地上に出てこないこの虫の存在を知る者は少ない。まして、実はこの虫を裏返すと、胸元の真ん中(中脚左右の付け根)に小さな舟の形のスティグマを抱いている事を知る者は、皆無に等しい。この種を含め、幾つかの腐れ物食い陸生ガムシはこの特徴を持つ。なぜ舟の紋章を持つのかは謎。水生の種にも、持つものは持ってるのかもしれないが、詳しくないので知らない。
陸生種しか持っていないのであれば、陰気な汚物まみれの生活にうんざりし果てて、他の仲間達のように広大な水の世界へ漕ぎ出したいという憧れが具現化したもの、と珍説を唱えておく。

2752.jpgサモアオヨギユスリカPontomyia natans。喜界にて。

昆虫に関して一般人から出される疑問でしばしば見受けられるものに、「海に昆虫は住まないのか」というのがある。実のところ、波打ち際の陸地に住む種はかなり多いのだが、海洋上や海中で活動できるものは非常に少なく、だいたいウミアメンボやウミユスリカ、オヨギユスリカ辺りがその数少ない例として挙げられる。
そんな風に虫マニアならば名前くらいはすぐ出せるオヨギユスリカだが、生きたそれの現物を見たことのある奴など、昆虫学者だって滅多にいない。俺も前々から探してはいたが、見たのは初めて。

2753.jpg日本の昆虫としては屈指の、神妙不可思議にて胡散臭い姿。まるでグライダーの骨組みだけみたいな奴。翅は短く退化して、とても飛翔できそうにない。代わりに、恐らく高速でこれを震わせて推進装置とし、水面を滑るように滑走するのだろうか(もしかしたら、あの長い脚をオールのように使って前進するのかもしれないが、よくわからない)。
写真で大写しにすればこそこうだが、実物は1mmちょっとしかない超ミニサイズ。しかもべらぼうに素早い。知った上でよほど注意してなければ、絶対に存在を認知できない。水面に浮いた毛ぼこりが、風で飛ばされているようにしか見えない。なお、この姿をしたものは全部オス。メスは翅も脚もない棒状の姿という、カの成虫としてはありえない姿をしている。大潮の夜、浅い海底に固着していた蛹から羽化したメスは、水面へと浮上する。それをオスが水面で捕獲して、交尾に至るらしい。成虫の寿命はすこぶる短く、羽化後は2,3時間でとっとと死ぬようだ。
メスが見られるかと思って1時間くらい監視していたが、それっぽいものは現れなかった。

オヨギユスリカ属は、世界中の温暖な海域を中心に分布するが、分布の広さの割に地球上でたった4種しか知られていない。日本ではセトオヨギP. pacificaとサモアオヨギの2種が見出されており、オスの腹端の付属器の形で区別できる。本当は九州本土でこの仲間を見つけたかったのだが。

2776.jpg夜の漁港。喜界にて。

この時一切何も考えずに来たが、実は大潮のタイミングだった。しかも、夜干潮。大潮の夜干潮に、海岸で虫マニアが探すものといったら、アレしかない。

2775.jpg
サツマイモ害虫、アリモドキゾウムシ根絶のポスター大賞。こっちの子供らは、こういうポスターを書かされるのか。
アリモドキ根絶と言うと、アリモドキ科Anthicidaeの甲虫全てに著しい風評被害。

喜界にて。

大間まぐ狼

2745.jpgキハダThunnus albacares。喜界にて。

2746.jpgたまたま海辺に沿って歩いてたら、入江に2匹入って来てるのを見つけた。1m20ー30cmくらいか。生まれて初めて野生の生きたマグロを眼前で見た。熱帯にマグロがいる事くらいは知っているが、年末によくやる津軽海峡のマグロ漁の悲惨で過酷な特番の影響で、俺の中ではどうしても寒い所の魚のイメージがある。
干潮だったので、満ちた時にたまたま入り込んで沖に出られなくなっているものらしい。岸に沿ってゆっくり周回していた。たまに水面すれすれを泳ぐため、手を伸ばせば触れそう。最初、鎌状の背びれを水面から出す魚影が見えたから、テンプレ的なサメかと思った。俺的にはサメの方がテンションが上がったので、マグロと分かった途端に気分が若干萎えた。

2747.jpg正面から寄ってくる姿は、サイズも形も皇帝ペンギンそのもの。なんとなく一緒に泳ぎたい衝動にかられる。

周囲には他の人間がいなくもなかったが、誰もこいつらには気づいてないようだった。よかったなお前ら、見つけたのが釣竿も銛も持ってない俺で。俺じゃなかったら、刺身コースかシーチキンコースの二択だぞ。
死にたくなければ、次の満潮まで大人しくしていることを説いて、その場を後にした。

がんつ

2754.jpgクロマルコガネAlissonotum pauper。喜界にて。

小さくてしょぼくれたコガネムシだが、分類学上は限りなくカブトムシとして扱うべき種とされる。開けた海岸沿いの芝生に、夜間少なくない。昔はトカラの辺鄙な島にしかいないように、図鑑に書いてあった気がするが…

2755.jpg地味だしツノもないし、面白みに欠ける外見のカブトムシ。しかし、黒くて光沢のある、傷だらけの外骨格は、歴戦の武将が使い込んだ鎧の趣き。

2749.jpgオオシワアリTetramorium bicarinatum。喜界にて。

ギンネムの花外蜜腺を舐める。

2751.jpgギンネムキジラミHeteropsylla cuban。喜界にて。

南西諸島では、かつて緑化だか家畜飼料用だかの目的で人為移入されたギンネムが雑草化してしまい、至る所で猛烈に繁茂して在来植生を圧迫している。除去は困難で、よほど保全生態学上の必要にかられない限り、概ねどこでも見て見ぬ振りして放置されているのが現状。
そのギンネムには、高率で同じく外来種のギンネムキジラミが大量にたかり、汁を吸いまくって加害している。場所により大発生し、ギンネム群落がほぼ壊滅することもある。一般にキジラミ類はアブラムシ同様、園芸作物の害虫として嫌がられるが、この種に関しては侵略的外来植物のみを痛めつけ、蹂躙して死にさらして下さっているため、むしろ益虫と言える。

2750.jpgギンネムキジラミの多い場所には大抵これを捕殺するカスミカメムシがいる。ナナホシテントウも多く、積極的にキジラミを食い殺して回る。ギンネム群落ではナナホシテントウのほうが、益虫を減らす憎き害虫である。