FC2ブログ

3663.jpgミドリシジミNeozephyrus japonicusの卵。茨城にて。

初めて見つけた。長野では無印のミドリシジミが見られる場所がなかなかなかった。

3662.jpgイソカニムシGarypus japonicus。千葉にて。

巨大なハサミをたずさえた、サソリ的なやつ。カニムシとしては、国内屈指の巨大種と言える。背後に風化岩でできた崖をひかえたような海岸では珍しくないが、見つけると嬉しいものである。

3661.jpgウミミズカメムシSpeovelia maritima。千葉にて。

入り組んだ岩礁地帯や、こぶし大の丸石が堆積した礫浜に生息する。かつては珍種と唄われたが、今や日本各地の海岸で見つかっており、騒ぐほどの虫でもなくなった。とはいえ、こいつが見つかる海岸は決まって他の海浜性昆虫も豊富な場所。虫の多きを知らせてくれるバロメーター。

3658.jpgミナミイソユスリカTelmatogeton pacificus。千葉にて。

波打ち際で産卵する。ヤマトイソユスリカに外形は似るが、ずっと小型。そして翅上のあの脈が、あの脈の分岐よりも翅の付け根側に来る。

3660.jpgヤマトイソユスリカTelmatogeton japonica。千葉にて。

海浜性。ほとんど飛ばず、波打ち際を爆走しながらオスはメスを、メスは産卵場所を求める。

3659.jpg
ウミユスリカ一種Clunio sp.。千葉にて。

海岸に生息し、大潮の日に羽化する。羽化後はわずか数時間でくたばる。これがその既にくたばりかけた個体。

3656.jpgメジロZosterops japonicus。茨城にて。

遠くから見ると可愛いが、間近で見るとけっこう眼光鋭い。パンダやコアラと同じ。

3655.jpgゴマダラチョウHestina persimilis。茨城にて。

3657.jpgクワエダシャクPhthonandria atrilineata。茨城にて。

冬枯れの野でこれを見つけるたびに、まだ俺の目も捨てた物ではないという気にさせられる。

3654.jpg
オオミノガEumeta japonica。茨城にて。

中身がちゃんと入っているのかは不明。中身がオオミノガかどうかも不明。

3653.jpg
ジグモAtypus karschi。兵庫にて。

3652.jpgハシボソガラス。茨城にて。

3651.jpgコヌカアリ。千葉にて。

暖地に生息する。稀ではないが、微少すぎて目に付かない。

3650.jpgイソフサヤスデ。千葉にて。

磯海岸の風化岩の隙間などにいる。希少種扱いされることもあるが、生息地では基本的に多産する。

3646.jpgキバラモクメキリガXylena formosa。茨城にて。

正面顔が、ある種の猿そっくり。成虫越冬し、翌春に活動する。

3648.jpgナミスジフユナミシャクOperophtera brunnea。茨城にて。

一時、オオナミフユナミシャクとコナミフユナミシャクの2種に分割されたが、後に明瞭に区別できないことから再び1種に戻された経緯がある。

3649.jpgチャバネフユエダシャクErannis golda。茨城にて。

これの交尾は見るとものすごく感激するのだが、それは数ある冬尺類の中でも最強に発見至難な部類に入る。