667.jpgイガ一種Tinea sp.。泊まったホテルのシャワー室の壁にくっついているのを見つけた。インドネシアにて。

屋内性の害虫で、衣類などに穴を空ける。基本的に動物質の物ならば、食わない物はないと思われる。部屋にはヤモリがたくさんいたので、これの糞が主な餌であろう。
不思議な形のミノを作るが、これは両端から顔を出せる作りになっている。ミノの中で体を反転させるようだ。材質は自分の糞を基本に、その辺の砂粒やゴミを糸でつづり合わせている。かなり硬く、近くにいたヤモリは一瞬食おうと近づくも、手前まで寄ってすぐに回れ右してしまった。

668.jpgいかにも肉を食らいそうな雰囲気。

本種を含むヒロズコガ科Tineidaeは、肉食傾向の強い種が多い。中にはアリやシロアリの巣内で、アリの幼虫や巣内のゴミを食う仲間もいる。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1004-e09be1d3

トビケラの幼虫造作の隠れ蓑に似ていません?
小さな赤ん坊虫が巧まずに作る実用品は、
野趣に富んだツィードのコートに見えます。
瓜豆|2014.12.26/16:31
どうやら自分の糞をつづって巣を作っているようですが、確かにトビケラそっくりですね。高い人間の服をダメにしながら、自分は大層な服を着込むのですから、たいしたものです。
-|2014.12.27/00:26

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する