蜘蛛男爵

717.jpg洞窟性クモ類、フジマシラグモFalcileptoneta caecaの巣。富士山周辺から伊豆半島にかけての地下空隙に住む、目のないクモ。

地表の岩の隙間にハンモック状のシート網を張り、その裏側にへばりつく体勢で獲物を待ちかまえる。サイズから察するに、主な獲物はダニやトビムシであろう。

湿度の高い洞窟では、クモの巣は細かい水滴がびっしり付くため、ライトで照らすと高級なレースのようでとても美しい。それを表現したいのだが、岩の入り組んだ隙間にあることが多いのでストロボ光をうまく当てられない。結果、巣が全然写らず、クモがただ逆さまで宙に浮いているだけの写真になってしまった。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1031-34a1f487

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する