781.jpgベニゴマオカタニシGeorissa shikokuensis。秘密の場所にて。

780.jpg日本だけに住む陸貝で、石灰岩地帯に固執した分布様式を示す。いる場所には佃煮にするほどいるが、いない場所には絶対にいない。岩壁にへばりつき、微細な藻類などを食うらしい。
天気がいい日に行ったので、みんなやる気がない感じだった。顔を見せて欲しかったのだが。

782.jpgしばしば群生する。

赤い「タニシ」を見ると、対照的に青い沖縄のアオミオカタニシを連想してしまう。しかし、ベニゴマは名前の通りものすごく小さいゴマ粒サイズ。ベニゴマとアオミは、名前が似ている割には親戚同士ではないし、両方とも本当のタニシですらない。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1070-af747533

赤色は何処由来のものなのでしょうか…藻類?
いずれ会ってみたい陸貝ですが、東北では難しい模様・・・(´・ω・`)
micromyu|2014.03.03/18:08
栃木あたりから分布してるようですね。東北は難しい・・?
アオミと違ってちゃんと殻に色が付いてますが、白い石灰ばかりの所にいて、よくこんな色になるものですね。
richoo|2014.03.03/20:46

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する