842.jpg洞窟性クモ、ホラヒメグモ一種Nesticus sp.。種類は分からないが、この地域一帯の固有種であるのは確か。この仲間は地域ごとに細かく種分化している。
ホラヒメグモ類のオスの触肢は、複雑な形をしていて面白い。

843.jpg
ホラヒメグモは洞窟に住むのでその名があるのだが、どこの洞窟のどの種類でも、基本的に多いのは洞窟の入り口付近だけ。入り口からほんの数メートル奥へ進むと、途端に個体数を減じる。
洞窟の入り口付近は、風や水の力で外から有機物が入ってきて溜まるので、クモの餌になる小動物が発生しやすいのである。

九州にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1093-5884b199

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する