908.jpg地下性ヒラタゴミムシ一種。Jujiroa とばかり思ったが、どうやら別属(Trephionus?)らしいとの話を詳しい専門家から聞いた。

ヒラタゴミムシ類はメクラチビゴミムシとは全くの別分類群だが、メクラチビゴミムシ同様に地下性生活に特殊化したグループがいくつか存在する。これは目があるが、種によってはない。
基本的にこの手の地下性ヒラタゴミは、時期と場所を選ばないと姿を見るのは至難。しかし、たまたま石を裏返したら運良く1匹だけいた。

909.jpg地下性ヒラタゴミムシ類は、本州の中部・東海あたりから九州にかけて、おおむね場所ごとに異なる種が住み分けている。しかし、メクラチビゴミムシほど細かく種分化しておらず、一種の分布範囲は比較的広いように思う。

大分にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1122-48d6664b

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-|2017.08.14/23:08
そのエリアでは、多分まだこの仲間は知られていないかもしれません。もし、地表性ヒラタのテネラルなどでなく本当にこの仲間であれば、貴重な発見かと思います。
-|2017.08.15/07:00
沢の脇の礫のたまっているところを掘ったら出てきました。
上のものより体の色が少し濃く、赤褐色と言う感じでした。
小松先生に憧れる中学生|2017.08.15/09:49

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する