891.jpg地下浅層から掘り出した、純白のワラジムシ。おそらくニセヒメワラジムシ属の一種Pseudophiloscia sp.。

目は全くなく、恐らく地下生活に特殊化した種と思われる。いずれ、幻獣ホンドワラジムシを再発見せねばならない身としては、地下性ワラジムシも盤石に地下浅層から掘り出せる能力を会得せねばならない。

892.jpg陸生のはずなのに、常軌を逸脱するレベルで乾燥に弱い。石の上に乗せて撮影していたら、ものの3分でたちまち動きがぎこちなくなり、脚を突っ張らせてみるみる衰弱してしまった。あわてて元の地底世界に送り返した。ホンドワラジムシにとっても、産地だった洞窟の乾燥化は致死的だったのだろう。

大分にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1123-bc21a808

大分に来たら
我が家にお泊まりください。子供達が巣立っていくらでも余った部屋があります。気を遣うのがお嫌でしたら全く顔を合わせないことも可能です。寝袋1個お持ちになれば、何日でも大丈夫ですよ。ご一報いただければうれしいです。いつも、ブログ、楽しませていただいて有難うございます。
佐藤美恵子|2014.10.11/22:50
ありがとうございます!いつも短期集中で済まそうと思って、日帰りで予定を組んでしまうことが多いのですが、泊まりがけする際にはお世話になります。
richoo|2014.10.11/23:44

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する