八舞夕弦

915.jpgクロクビレハリアリCerapachys daikoku。福岡にて。

きわめて稀で、生きた姿を見た者はほとんどいない、日本産蟻類きっての珍種のひとつ。本州以南で散発的に見つかっているだけ。もともとの少なさに加えて、樹上性で人間の目線の高さになかなかいないので、なおのこと発見しがたい。
ある思惑があって、しばらく日本のアリの写真をここに出さないようにしていたが、こいつばかりは嬉しいので別。ツクシンボウに脚を生やしたような長細い特異な姿が、この仲間の特徴。

本当はこれを見つけた山へは、あるメクラチビゴミムシの珍種を掘り出す目的で出かけたのだが、あまりにも採れないので早々に標的をアリに鞍替えしたのだった。
その山はアリの種類相も豊富かつ特異なことで、一部のアリ研究者の間では評判である。中でも、今回見つけたクロクビレとは対をなす真逆の片割れである、同属で地下性の珍種ツチクビレC. humicolaというのがいて、そいつを見たくて山中を這い回っていたのだが、そいつ以上に珍しいこいつの方が出現した。

916.jpgなおクロクビレハリアリは、先日の「九天王」には含まれてはいないが、それと同等以上にずっと探し求めていた「精霊」のひとりである。アリ関係の仕事を始めた14,5年前以来、過去に記録のある伊豆半島で毎年死にものぐるいで探し続けるも見つけられずにいた。もはや発見が九天王以上に望めない存在と判断し、あえて含めなかったのだが・・まさかこのタイミングでデレるとは。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1132-3614d8d1

眼の部分によく光が回っていないと思います。ストロボを工夫すべきでは?Alex Wildの10年前の写真もそうでしたが、最近は彼の写真は下面にもよく光がまわっています。
通りがかり|2014.05.25/18:53
実は今それをどうするか苦慮していて、今度それを解決するために
修行して参ります。
richoo|2014.05.25/21:10
クロクビレ
先日久しぶりに伊豆の下田の照葉樹林でクロクビレハリアリ採りました。キイロコヌカアリ採ろうとして細めの枯れ枝折ってたんですが。何を食べているのか?不思議なアリですね。ところで九州と伊豆で見た目の雰囲気違うような気もします。なんとなくですが。
myrmamblys|2014.05.26/22:39
myrmamblys様
下田に生息してるんですね。半島の付け根あたりにも状態の良い森がけっこうあるんですが、まだ見つけられません。
もう少しサンプルが集まれば、地域変異などもはっきり分かるのかも知れませんが、なかなか先は長そうですね。
richoo|2014.05.26/22:44

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する