946.jpg
オオミスジNeptis aiwinaの幼虫。長野にて。

あのときの場所でみた。越冬中の若齢幼虫はきわめて発見困難だが、大きくなった幼虫も、何も知らずに探そうと思うとハードルが高い。

947.jpg
緑と茶色の模様は、食樹であるウメの若葉の繁りに容易に紛れてしまう。しかし、蛹になる直前ならば一発で分かる。自分の周囲にある葉を2,3枚、絶対枯らすからだ。この蝶の蛹はものすごく枯れ葉そっくりなのだが、何しろ若葉の時期なので枯れ葉の姿は逆に浮いてしまう。そのため、自分の分身としてわざと周囲の葉を数枚枯らし、敵に的を絞られないようにしている(としか思えない)。

しかし、ならば最初からそんな面倒なことせずに、若葉に似た蛹になればいいと思うのだが。なんで新緑の時期に枯れ葉に似せようとしているのか、よく分からない。いや、枯れ葉と思っているのは人間だけで、実際は我々には想像も付かない別の何かに似せているのかも知れない。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1153-7d05ffb4

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する