出版のお知らせ

近日中に、本を出版することになりました。タイトルは
「裏山の奇人 野にたゆたう博物学」となります。

【書 名】フィールドの生物学14 裏山の奇人 野にたゆたう博物学
【著 者】小松 貴(九州大学熱帯農学研究センター)
【体 裁】B6判 288頁 並製
【定 価】2160円(税込)
【著者割引】1728円(税込)
・尚、送料は400円 (5冊以上は送料小会負担です)
【発 行】東海大学出版部 http://www.press.tokai.ac.jp
【発売日】2013年7月30日・発送は7月30日以降になります
【ISBN】ISBN978-4-486-01994-7

本書は、自身の専門である「アリの巣に共生する昆虫」に関して、これまで手がけた研究内容を解説したものです。しかしそれ以上に、長年住み着いた長野の山奥を舞台に、私が出会ったさまざまな生き物たちとの交流の話に大部分のページを割いています。
森の生き物たちとともに語らい、戦い、慰め合い、愛し合った日々を、一般常識の斜め右下視点からつづります。妖怪変化、死に神、精霊、二次元美少女も乱入してきます。本シリーズの本としては、相当に異質な内容となるでしょう。
われわれのすぐそばにある身近な裏山にいながら、誰からも存在を認められなかった数多の魑魅魍魎たちを次々と手なずけていきます。ついには地球の裏側の密林まで飛び出し、究極の人間嫌いとして知られる難攻不落の精霊を封印する冒険に出ます。

本書には、数々の人々による校閲をかいくぐったとはいえ、世の中に対してかなり挑戦的な内容も多分に含まれています。それに対して各方面からおそらく批判も受けそうですが、覚悟の上です。なぜなら、タイトルに「奇人」と銘打つ本を出しながら安穏無難なことだけ書いて終わるならば、そもそも本を出す意味がないから。そして何より、日本もとい世界を代表し、我が最も尊敬する大奇人、南方熊楠に対して申し訳が立たないからです。

本書の中で一貫して主張するのは、ただ「わからないことをわかりたい」、純粋な好奇心の大切さ。研究しても何の役にも立たないような小虫の中にこそ、現代人が忘れかけている「科学」の本質が隠されている。
たまには金、地位、名誉のことなど記憶の彼方に追いやって、野に混じりたゆたう。森の百鬼夜行が教えてくれた、21世紀の生き方の提案です。

995.jpgコレの意味する所がわからない人は、「裏山の奇人」で。

※しばらく、先頭に置きます。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1198-51f20fb9

本の出版おめでとうございます!
書店に並ぶのを楽しみにしています。
pupa|2014.07.05/12:25
図鑑に続く名著
タイトルと言い宣伝文といい購買欲をそそります。写真のハエ会話の意味が分からんカエルとしては買うしかありませんな・・
カエル星人|2014.07.05/15:58
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-|2014.07.05/20:57
pupa様

ありがとうございます。まもなく書店に並ぶので、よろしくお願いいたします!
-|2014.07.07/01:52
カエル星人様

ぜひハエの真相を、ご自身の目で確かめてみてください!
-|2014.07.07/01:54
はじめまして。
全然素人ですが、いつもブログ楽しみにしています。
普通の本屋さんで購入できるのでしょうか、楽しみにしています!
さかな|2014.07.08/11:15
さかな様

いつもありがとうございます。書店でもうじき買えます!何卒よろしくおねがいいたします!
-|2014.07.14/19:53

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する