971.jpgベルサイユのマルハナバチ。おそらくセイヨウオオマルハナバチBombus terrestrisと思われる。日本では非難しかされない生き物になってしまったが、原産地ではそこ特有の草花と、きっと大切なポリネーションの契りを結んでいるのかも知れない。

969.jpgベルサイユのハエ。日本のマダラメバエMyopa buccataと近縁か同種。ずっと上ばかりみていた。

979.jpgベルサイユのカミキリモドキ。ヨーロッパの甲虫は、なぜか熱帯にいるもののように派手で煌びやかなものが多いような気がする。下手すれば、日本よりも遙かに高緯度なのに。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1210-d9a09ff2

のらくろみたい!なマダラメバエ、お坐りしてる?
アルマイト仕上げのカミキリモドキ、ハンミョウ顔ですね、
シンメトリィと幾何学のベルサイユにも虫どもいるんですね、
瓜豆|2014.07.26/23:05
あのハエの独特なスタイルは、みていて可愛らしかったです。ベルサイユは宮殿の周りがほぼ森と畑なので、予想以上に生き物が豊富でした。
-|2014.07.27/07:56

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する