二版のお知らせ

「裏山の奇人 野にたゆたう博物学」が、重版決定となりました。皆様、まことにありがとうございました!
当初は、あのような本が本当に売れるのか著者ですら不安でしたが、ただただ感謝の一言に尽きます。感謝の意を込めて、最近見た一番可愛い虫を。
1099.jpg裏山のぬいぐるみ、キマダラカメムシErthesina fulloの幼虫。外来種。福岡にて。

以下、初版の誤植・訂正点を記します。校正時に徹底的に見直したにもかかわらず、申し訳ございません・・

p6 line17 ...という腐肉食のコガネムシらしいこと(図1.2)、そして... → ...という腐肉食のコガネムシらしいこと(図1.2)がわかった。しかも、...

p45 図2.8 キャプション Sinopodaforcipata → Sinopoda forcipata ※スペース入れる

p101 図2.26 図内のクボタ下側の(スペシャリスト)と(ジェネラリスト)を入れ替え

p104 line10 植色性 → 植食性

p138 図3.10 キャプション カカミアリ → アカカミアリ

p206 line12 (小松、二〇一四)の文献抜け
小松貴, 2014. 長野県小谷村におけるミヤマアメイロケアリの記録. 蟻, 36: 11-15.

※補足
p127 line15
「幼いころ、タイトルは忘れたが、・・ずっと覚えていた。」の文章で話題に出た本は、後に安富和男の「へんな虫はすごい虫」(講談社、一九九五)であることがわかりました。

p243 図5.11 キャプション
「オオサシガメに刺されるとシャーガス病になる」の記述がありますが、正確には刺される行為だけで感染は成立しません。刺し口にカメムシが排泄物を付着させた状態で患部をかきむしると、傷口から病原体が体内へ侵入し、感染が成立します。

補足に関してご指摘を下さった、H.N. 影の総理 様、誠にありがとうございました。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1280-dcf3e85a

バンザ~イ!駒治安大昇鯉!
ご褒美のキマダラカメムシのぬいぐるみ?!
卑弥呼の三角縁神獣鏡あたりの雰囲気を感じます、
「野にたゆたふ博物学」一つ々秘密があきらかになりました、な~る、如何にして三十路的奇人?が形成されたのか・・「三河物語」や筋肉少女帯、二次元美少女がゲリラ的に挿入されていて、頭脳警察、エレファントカシマシなんて想い出してしまいます、
「森の下にはある森がある」本当ですね!
ただ気がつかないだけ「夜の樹」も謂っています、
奇人は貴人の幼体だと存知ます。
瓜豆|2014.08.28/16:10
本当にありがとうございました。こんなに早く重版がかかるとは、夢にも思っておりませんでした・・・
果たしてこれから奇人になるのか貴人となるのか、はたまた鬼神に変貌するのか、水行末風来末です。
-|2014.08.28/18:08
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-|2014.08.30/21:28
九天王の記事も素敵なのですが、
どうしても「ぬいぐるみ」の文字に惹かれます。
関節可動型がいいです(´・ω・`)。
micromyu|2014.09.01/18:00
確かに可愛らしいですねw 普通に居すぎてわざわざ拡大して見ようとも思ってませんでした。もっと小さい幼虫もいたんですが、逃げられました・・
-|2014.09.01/18:08

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する