1106.jpg
ムラサキツバメNarathura bazalus幼虫。福岡にて。

マテバシイのひこばえに、若齢幼虫がうじゃうじゃいる。葉を完全に食い尽くしてしまい、茎に食い入り始めている。不思議なことに、周囲にはマテバシイの木がいくつも生えていて、まだ葉の茂るひこばえを持つ木もいくつかあるのに、それには全く幼虫がいない。母蝶が明らかに木を選んで産卵しているようである。

1107.jpg成虫が近くにいた。人生で初めて、至近でまっとうに成虫の姿を拝んだ。この蝶は翅表が紫色をしているのだが、オスは限りなく黒に近い紫をしており、あまり煌びやかではない。蝶としては珍しく、メスのほうが美しい。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1290-ff921bd8

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する