1134.jpgニシキリギリスGampsocleis buergeni。福岡にて。

キリギリスは最近ヒガシとニシの2種に分割されたが、形態差は相当に微妙で、区別がよく分からない。上のは九州で見たからニシと判断したに過ぎない。ただ、鳴き声のドスの効き加減は何となく違うのが分かる。

草原で沢山のオスが「ギリリリリリリリッ・・チッ」と鳴く。しかし聞いていると、どの個体も鳴くときに「ギリリリリリリ」の部分を他の個体のそれにかぶせず、互いにタイミングを少しずらして鳴いているのに気付く。自分の声を単体でメスの耳に入れたいらしい。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1302-01d6b6e0

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する