1192.jpgキンボシハネカクシOcypus weisei。予想外の収穫。

水田脇の道路を歩いているのを偶然見つけた。動く姿は、大きさといい色彩といい体型といい、似たような環境に住むミイデラゴミムシPheropsophus jessoensisそっくり。写真は撮影のために警戒させて足止めしている状態だが、通常歩くときには長い腹部の先端を下にかがめているので、背面から見た姿がことさらゴミムシじみて見える。
なお、やはり似たような環境に住むキイロサシガメSirthenea flavipes というのも、ミイデラゴミムシに酷似する。絶対、こいつらは擬態関係にあるとしか思えない。

1193.jpgキンボシハネカクシは、日本産ハネカクシの中では大形かつ顕著な美麗種である。国内での分布も広く、少なくともかつては普通種と見なされていたようで、ハネカクシ類を扱った日本の昆虫図鑑にはまず必ず載っている。
しかし、俺はこの30年あまりの間、日本全国のどこでもこの虫を普通に見たことなどない。幼い頃たった一度だけ、これらしき虫を庭で見たような曖昧な記憶がある程度。下手をすれば、これが人生初めて出会った個体かもしれない。
どうも平地の、あまり乾燥しすぎないそこそこな広さの草地が本来の生息環境らしい。そしてそんな環境は今の日本にはほとんど残されていないため、この虫は今の日本では明らかに絶滅危惧種である。事実、いくつかの都道府県ではすでにこの珍虫を希少種に定めている。

1194.jpgこの虫を見ていて、面白いことに気付いた。顔面全体に光沢のあるビロード状の毛が覆っているのだが、それの光の絶妙な反射具合により、正中線を境に顔の右半分と左半分とで色が違って見えるのだ。

1195.jpg
この阿修羅男爵顔は、斜め横方向から見たときだけ発動する。正面から見ると、別に普通。

埼玉にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1329-faad8b05

綺麗なハネカクシですね。よく撮れている!!こういう種類がいること、知りませんでした。目標の一つになりました。
kiokuima|2014.11.29/08:38

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する