1206.jpgアオミオカタニシLeptopoma nitidum。台湾にて。

日本でも南西諸島でおなじみの、美麗な陸貝。さわやかな草色は、殻ではなく中身の肉の色。殻自体は無色透明で、中身が透けて見えているだけ。死ねば身は腐って変色するから、この色は生きているときだけのもの。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1356-95d84d90

(ノ▼ο▼)ノ オォオォオオオ!!
愛玩物そのものではありませんか!
触角の付根にボタンみたいな眼、紅いほっぺ、
ピカチュゥそっくり・・
美しい砧青磁の殻は命の儚い色なのですねぇ。
瓜豆|2015.02.02/16:00
カタツムリと違ってツノの付け根に目があるのがカワイイですね。もし今後技術が発達して、この色のまま標本にできるようになったとしても、やはり生きているものの美しさにはかなわないでしょう。
-|2015.02.02/19:25

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する