1257.jpgたぶんシロスジムカシハナバチヤドリDoeringiella ventralis。福岡にて。

この仲間は秋に出現し、ムカシハナバチ類など単独営巣性ハナバチの巣に寄生する。基本的に多くないが、ここでは多かった。この場所には同時に、やたらアシブトムカシハナバチColletes patellatusが多かった。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1378-f1e1e5c8

健康な農婦の様なハチですねェ、
massive な此の胸部は見事、女王アリの様です・・
瓜豆|2014.11.18/23:45
サイズはそんなに大きくありませんが、がっちりした体つきです。ピッキング中に宿主が巣へ帰ってきたとき、戦わねばならないためでしょう。
richoo|2014.11.19/07:44

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する