IMG_8882.jpg

IMG_8887.jpg
クワエダシャクPhthonandria atrilineata。枝そっくりで、慣れないうちは見つけがたい。幼虫は冬の間、桑の木に斜め懸垂の体勢でしがみついて過ごす。あまりに寒いときは全身でぴたりと幹に張り付いてしのぐ。
長野にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/138-b0c0ea68

凝りに凝った、オタク虫
子供向けの雑誌の科学のページにありましたねェ、
お百姓がお昼時の土瓶を手頃な枝に引っ掛けたら、
落っこちてしまって、ビックリ仰天!!
(付録と供に楽しみなものでした)
「尺取り虫」足はそんなに要らなかった?のだ?
瓜豆|2012.03.28/23:29
実際には土瓶がかかるほどのサイズではありませんが、それでも本当に枝そっくりで驚かされます。ちょうど頭の形が桑の枝の新芽そっくりで、最初見たときは泣くほど感激したものです。
richoo|2012.03.29/12:08

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する