1271.jpgミツバアリAcropyga sauteri

南方系で、南西諸島ほど多い。屋久島では海沿いの低地でよく見られる。巣内に共生者アリノタカラを例外なく養うが、このときはまったくそれを見なかった。寒い時期だったので、地下深くに仕舞い込んだのかもしれない。

1281.jpgヒメキイロケアリLasius talpa

北方系。西日本を中心に分布する種だが、それでも屋久島・口永良部島より南の島には存在しない。屋久島でも平地では見ず、標高1000m前後あたりからでないと出現しない。
一見ミツバアリと似ているが、全然仲間が違う。やる仕事の内容も違う。

屋久島にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1393-0e2350c6

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する