1274.jpgヤンバルトサカヤスデChamberlinius hualinensis。屋久島にて。

もともとこの島にいなかった、台湾からの外来種。沖縄のヤンバルで最初に定着が認められ、その後すぐ周辺の複数の島嶼へ飛び火した。繁殖力がきわめて強く、天敵もいないため、すさまじい勢いで増殖して問題になっている。
人に噛みついたり、農作物を荒らすわけではないが、とにかく数が多いので快く思う者はいない。夜間地表を大群で練り歩き、民家にもうじゃうじゃ平気で上がり込んでくるので非常に嫌がられている。そして、臭い。危険を感じると毒ガスを発し、これを吸い込みすぎると健康を害する。だから、熱湯をかけるなどの苦痛を与える殺傷方法を使わず、即効性の薬剤での駆除が推奨されているらしい。

1276.jpg目らしきものが見あたらない。実は顔つきは可愛らしかった、を狙っていたのだが、そんなに可愛いげはなかった。

1278.jpg
夜間、民家の壁におびただしい数が這い上がってくる。しかし、こんなのはまだまだ全然大量のうちに入らない。全然本気を出しておらず、余裕でまだあと3回の変身を残すレベル。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1394-4f4189b4

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する