ある饂飩の国 旅立つはマニア 

♪林道駆け抜け 目指すはトレキアマ・・・
1293.jpg香川のあの場所にいる、知る人ぞ知るあの精霊。

古い時代にたった一匹採れて以後、全く発見例が途絶えていたもの。ほんの数年前、専門家チームによってやっと数匹再発見されたほど。

この精霊に関して、ここで多くは語るまい。しかし、土地の所有者に撮影許可を貰った際、「あーあの虫?探すのはいいけど絶対見つかんないよ。前に専門家の先生が三日かかってようやく三匹採ったくらいだから。」と言われた一時間以内に二匹見つけた事くらいは、自慢していいはずだ。
本当は、この県の市街地にある山で、メクラチビゴミムシを掘るつもりだったのだが、これはかすりもせず。現地の沢が始めから終いまで三面総岩盤造りで、掘れる箇所がどこにもなかった。一体あの山のどこに掘れる場所があるというのだろうか。

また、香川のほか足を伸ばして隣県にも行った。ここのとある山中の「空間震発生現場」で、目の玉が飛び出るような別の巨大な精霊を掘り出し、手に取りまでしたのに、一瞬よそ見した刹那、指間から抜け落ちた。
すぐに地表の裂け目に入り込まれ、隣界に逃げられた。下手したら、大昔に模式産地が破壊され消滅して以来の再発見になったろうに、死ぬほど悔しい。日本で虫に逃げられて、ここまで悔しいのなど何年ぶりだろう。近年、もういい年した知り合いが外国でちっさい虫に逃げられて、一時日常生活に支障を来たすほどの虚無状態になったのを見て、内心鼻で嗤っていたが、今度は自分がそれになりそうだ。だから、今回の戦争は、俺の中では惨敗。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1400-31284c6f

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-|2017.02.05/20:55
まさにアレです。後者の奴も探しましたが、なおさらサッパリでした。ただ、最近リベンジした結果、同所的にいる小さいのは存在を確認できました。
-|2017.02.06/13:15
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-|2017.03.13/22:50

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する