ガラコ

1333.jpgヒメハバビロドロムシDryopomorphus nakanei。静岡にて。

山の源流近くにすみ、水際の石や流木に付いている。西伊豆の海岸すぐそばの森でメクラチビゴミムシを求めて沢を掘ったが、これしか出なかった。泥っぽい場所にいるわりに、体にまったく泥が付かない。細かい体毛が、水汚れを弾いているらしい。いろんな所で応用できそうな技術。


昨日、山と渓谷社・信濃毎日新聞・平安堂の3社合同共催の文学賞「第4回梅棹忠夫・山と探検文学賞」というものに、「裏山の奇人」がノミネートされたとの一報あり。あくまでノミネートであって受賞ではないのだが、こんなぽっと出の若造の出した本がそうした賞の候補に選ばれたというだけで、至極光栄です。誠にありがとうございます。
http://umesao-tadao.org/4th.html

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1433-0d5ef664

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する