1347.jpg猛禽の眼光。殺意の塊。

なぜか知らないが、鳥の仲間には目の周りが広く黒くなっているものが多い。しかも、そろいもそろってオスのみ特にそうなっている。縄張りを作る役目を担うオスは、仲間と目が合うと反射的に喧嘩をしてしまうため、目の周り全体を黒くしてどこを見ているか分からなくすることで、互いに仲間内の余計な争いを避けているのだ、という説をどこかで聞いた。本当かどうかは知らない。

静岡にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1440-3792cdeb

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する