クーバー

1354.jpg沖縄の蜘蛛。

一見どこにでもいる雰囲気で何の有り難みもないように見えるが、常人の想像を超えたとんでもない環境にのみ特異的に住むもの。本当はコレと同所的に住むもっと珍しい奴を探していたのだが、こいつばかりが無駄に見つかって大層面白くなかった。とはいえ、こいつも全国的には相当珍しいであろう。

しゃがんで地面ばかり見ていたら、頭上すぐ近くを大きな影が低空でさっとよぎった。ふと見上げたら、足と首が長くて全身白い巨鳥が、首を前方にまっすぐ伸ばして飛んでいった。嘴は黒くて長くて先端が無駄に幅広かった。変な鳥もいるものだ。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1445-3772b0b1

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する