1372.jpg恐ろしく珍しいハチ。環境省の絶滅危惧種でもある。全国的に記録が極めて散発的で、生態がよく分かっていない。とにかく巨大(というほど巨大でもないが)。

偶然、コレクションの中に40年以上も前の標本が1体のみ混ざっていた。この分類群には明るい方ではないが、これだけは見た瞬間すぐそれと分かった。

恥ずかしながら、まだ生きた姿を見たことがない。「精霊図鑑」を完成させる上でどうしてもデレさせたい相手だが、40年以上も前にこの個体が得られた産地に今行って見られるかは、限りなく怪しい。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1449-bf563299

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-|2015.02.23/12:33
どうも、こちらこそご無沙汰しております。まさにその種です!
-|2015.02.23/14:57
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
-|2015.02.23/20:17

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する