1450.jpgアメイロオオアリ一種Tanaemyrmex sp.を捕らえたホウシグモ一種。マレーにて。

一般に徘徊性クモ類は、どんな分類群でも餌としてアリ(特に働きアリ)を好まない。しかしホウシグモ科Zodariidaeは、非常に高頻度でアリを捕ることで、海外ではよく知られる。種によっては明らかにアリのみ特異的に襲い、そうした種は行動的に非常に洗練された戦法で相手の息の根を止める(Pekár 2004) 。

すなわち、待ち伏せ奇襲をかけてアリの体に一瞬噛み付き、すぐ逃がすのである。普通の徘徊性クモ類は、獲物に飛びついて噛み付くと、逃げられないように決して離さない。しかし、アリのスペシャリスト捕食クモは、そのまま逃げられるリスクを負ってまで、捕らえた獲物を一時手放す。アリのスペシャリスト捕食クモは、概して体格が小柄で、なおかつ頑丈でない。アリは非常に反撃能力が高い生物なので、ずっと食いついたままだと断末魔の反撃を受けてこちらが致命傷を負いかねない。だから、反撃を避けるために、一方的に殴ってから逃げる卑怯技を使う。
解放された獲物はパニックと怒りで暴れまわるが、速やかに毒が回って、大抵は遠くへ逃げることなくその場で事切れる。少し離れてその様を見守っていたクモは、獲物が完全に沈黙したのを見計らって近づき、とどめを刺してから吸収する。ホウシグモ科のほか、カニグモ科とハエトリグモ科、さらに造網性との境目が曖昧だがミジングモの仲間も、アリ専の種ならこれをやる。

この大型種は、大きなオオアリのワーカーを好んで襲うようだった。しかし、何回か狩りの瞬間を見るも、一度食いついたらずっとそのままで、手放そうとしなかった。アリ捕食に熟練していない、比較的何でも食うジェネラリスト性の高い種だったのかもしれない。そのためか、このクモはフィールドで見る個体見る個体、脚の欠けたものが多かった。

日本のドウシ・・いやなんでもない

Pekár, S. (2004). Predatory behavior of two European ant-eating spiders (Araneae, Zodariidae). Journal of Arachnology, 32(1), 31-41.

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1481-65556e0c

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する