サイクロップスゴミ

1399.jpgヒトツメアオゴミムシChlaenius deliciolus。マレーにて。

ジャングル脇の開けた草地に転がっていた、朽木の裏にいた。日本にも同種がいるが、(俺の中では)理不尽に珍種でまず発見できない。見た試しがない。日本の個体群は、胸部全体がオレンジになる場合が多く、より美麗。
背面の「一つ目」は、よく見ればハート型をしている。間違っても2月14日にアンアンとかノンノンとかで特集されない種類のハート型だ。

熱帯アジアでは、より南に行くほど地表性の大型ゴミムシは少なくなる。樹上性の細かい種は多く、夜間樹幹やキノコのはびこる倒木にたくさんいる。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1482-18b88d63

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する