1401.jpg
マレーシアのジャングル。いつもマレー遠征では訪れる現地の大学演習林だが、一年半ほど空けていたのでとても懐かしい。

1400.jpg
フタバガキなどが優占する典型的な熱帯林で、かなりの大木もある。時折、理由もなく巨大な太枝が折れて落ちてくることがあるため、それなりに危険。今回も滞在末期にでかいのが落ちてきて、ジャングル内にある宿泊施設の一部が損傷した。

1417.jpg場合によっては大木そのものが根本から傾いて倒れてくるため、下手をすると潰されて死ぬ。特に大雨の時に倒木は発生しやすい。発生すると、たとえ潰されなくても道路が塞がって通行止めになったりして大変だ。熱帯の土壌はやせているため、大木に見えても根は貧弱で簡単に倒れてしまう。
車で遠方に日帰りで出かける場合、午前中は晴れていて普通に通れた山道が午後には激しい夕立に遭い、倒木が発生して道を塞ぎ、帰れなくなることがある。特に、調査最終日で空港まで戻らねばならないときにこういうことがあると、かなり肝を冷やす。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1506-fe8a96d9

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する