1443.jpgカニクイザルMacaca fascicularis。マレーにて。

宿舎周辺に群れで住んでおり、毎日のようにやってくる。10年くらい前までは、比較的人を警戒して近寄ってこなかったように思うが、近年ではいたずらに人の居住領域を侵犯するようになった。宿舎に人がまばらな時間を狙ってやってきて、外置きのゴミ箱を盛大にぶちまけて漁る。
おそらく近年の宿泊客らが面白半分に餌付けして、猿との距離を縮めてしまったせいと思われる。今や猿どもは、宿舎内のどこに餌となるものが置いてあるかを把握してしまっている。毎日宿舎周辺の高木上から、こちらの食事風景や建物への出入りの様を観察し続けているのだ。奴らはゴミ箱を荒らすに飽きたらず、宿舎の台所に入ってきて食材を盗むまでになった。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1509-2438f47d

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する