1483.jpg精霊。

1486.jpg全体的にツゴツした風貌で、当に背中に生えたトゲが痛そう。西日本に局所的に分布し、平地の明るい雑木林に住む。多い場所にはすさまじく多い。夜行性で、日没後にして待っているだけで道路上におびただしい数が這い出てくるのを見られる。
体長1cm前後比較的大型の種だが、その割に短足のため、野外で見たときにそれほど巨大な生物には見えない。雑食性で、日中車に挽きつぶされた虫の死骸から獣のクソにいたるまで、あらゆる有機物にたかって食い漁る。成体の出現期間は初夏に限られる。

環境省の絶滅危惧種(情報不足、2012年版)。いる場所にはヨウヨいるが、生息域は非常に局所的。ある程度開放的な空間が生息に必要で、周囲の植生遷移が進と姿を消すらい。

1487.jpg
人によってはこれの風貌がセアカゴケグモと紛らわしく見えるそうで、希少種なのにしばしば叩き殺されて保健所に持ち込まれるらしい。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1541-b2236586

ニアミス!
ここで初めてコメントさせていただきます。以前何回か長野の理学部でお会いした農学部生です。覚えていらっしゃるでしょうか。
つい最近まで長野に来ていらしたんですね。ちょうど今松本に来ていたもので、お会いできなかったのが残念でなりません。
昨日は裏山でヒゲナガゾウ&クシヒゲガガンボ等採集してきました。今年は季節の進行が速いですが、かなり楽しい時期になってきました。また長野に来られた時は是非お会いしましょう。

ところで、記事の和名紹介はこれからもこんなユーモアある感じでお願いします(笑)
NEKISE|2015.06.07/13:04
関西では探したことがないのですが、同じような環境なのですね。
こちらではある東京の真ん中辺りでよく見られますが、そこら辺以外では見たことないです。
低地の雑木林だったらそこら辺にあるのに、ここまで局所的にいないのは何か別の要因があるのでは、と思っております。
三枚目の角度の写真、格好良いっすね!
ジーク|2015.06.07/15:37
NEKISE様
どうも、ご無沙汰してます。かの地にはしばしば所用で戻ることもありますので、これに懲りず運よく捕まえてくれればと思います。
ウザがられない程度に、ちびちび精霊を出していきますw
-|2015.06.09/10:44
ジーク様
都内にもコレいる場所あるんですね。九州は嬉しいことに比較的普通です。去年から存在は認知してたんですが、そういう名前で希少種であるのを最近知りました。成体はもっとカッコいいですよね。
-|2015.06.09/10:49

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する