告死鳥の娘

1746.jpgキリギリスを狩った巨大アナバチ。カメルーンにて。

日本のキンモウアナバチとほぼタメサイズ。獲物は毒針で神経を打たれ「ギアス」を施されているので、生きてはいるが動けない。獲物は地中の巣穴へと運ばれ、ハチの卵とともに封印される。やがて孵ったハチの幼虫は、新鮮な獲物の体を、その生存に関わらない部分から食っていく。獲物はおそらく最後の最後まで意識を保った状態で食われていき、そして死ぬ。

1747.jpg半ヤラセでハチをだまし、麻酔行動を再現させた。首の下に毒針を打つ。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1557-92ff6993

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する