1523.jpgズンドウメクラチビゴミムシTrechiama kuzunetsovi。名前に関しては、もはやネット上で散々言われているのでここでは触れまい。

北海道の固有種で、限られた地域の沢沿いの地下浅層に生息する。大型で立派なメクラチビゴミムシ(と言ってもたかだか4-5mm)。
本種は日本中に広く分布するナガチビゴミムシ属のものだが、北海道にはこのほか属レベルで固有のメクラチビゴミムシが2,3知られる。しかし、それらは非常に険しい高山帯に生息する珍種揃いなので、そうそう拝めない。

1545.jpgアリヅカコオロギ一種Myrmecophilus sp.。種名は記さないが、たぶんアレだろう。

クロヤマアリ巣内から出した。こいつに関しては最近思うことがあり、飼育して増やすことにした。北海道は本州ほどアリヅカコオロギを普通に採れない。明らかに東南アジアで繁栄しているグループなので、北海道くらいの緯度は分布の限界なのかも知れない。チェコでもかなり採りづらかった。

北海道にて。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1566-d5a22b19

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する