♪生まれ来ることが罪ならば 

1516.jpgミズカゲロウSisyra nikkoana。北海道にて。

幼虫は水生。水質のよい深い湖に成育する、淡水海綿から汁を吸って成長する奇習で知られる。その生態の特殊さゆえ、全国的に見れば決して普通種の虫とは呼べない。他方、関西地方の市街地では最近になって、水質汚染に強い外来の淡水海綿が定着し、勢力を伸ばしている。それに伴い、そうした地域ではミズカゲロウも増えつつあるという。いいのか悪いのか。

水の澄んだ大きな池のほとりで見つけた。生まれて初めて見たが、すぐさまとんだ邪魔が入ったせいで飛んでしまい、一枚しか撮れなかった。
ミズカゲロウ、クサカゲロウがいるのに、ツキカゲロウはどうしていないのだろうか。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1568-d73fbce8

ミズカゲロウの名にふさわしい容姿のカゲロウですね。
ツキカゲロウ、ぜひ新種を見つけて名づけてください。
学名は~kirikoaeでしょうか?(笑
nanasi|2015.06.29/20:28
とても小さく、繊細な脈翅目でした。じきに、きっとkirikoae見つけてみせますw
-|2015.06.29/21:54

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する