リザリス

1916.jpg
背面に4本白線をもつシマカ属。恐らくネッタイシマカAedes aegyptiかその近縁筋。カメルーンにて。

ネッタイシマカは悪名高い睡魔族で、魅了スキル「黄熱」の使い手。黄熱は発症してしまうときわめて死亡率が高く、恐ろしい病気として有名である。しかし、護符・イエローカードの効果発動により、魅了(チャーム)にかかる確率を大幅に引き下げることができる。というより、カメルーンへはイエローカードがないと入国できない規則になっている。

もっとも、彼女らは黄熱だけでなくデング等の雑多な熱病も標準装備しているため、いくらイエローカードの加護があろうとみだりに刺されるわけにはいかない。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1577-edae9cb6

バイオハザード認定!
御贔屓の睡魔族comic strips、詠み進むうちにムズムズ感にとらわれますよォ~、アレルギー反応過剰者ですもの、
フタスジイエバエ、メマトイなど軽輩ものですか?
瓜豆|2015.11.10/16:41
まとわりつくだけのハエ類は、まだかわいい方ですね。向こうの吸血系は、どんなものを直接体内に入れてくるか分からないので、刺されると鬱々としてしまいます。
richoo|2015.11.10/20:49

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する