裏切りの悪漢者

1911.jpgルリモンハナバチ一種Thyreus sp.。カメルーンにて。

日本の奴より一回り大型。あてどなく花から花へ渡り歩く様は見ても、実際に仕事をするさまはそうそう見られない。

ルリモンハナバチ属は、同じコシブトハナバチ科の単独営巣性ハチ類の巣を乗っ取ることに特殊化した、社会寄生種からなる面々。これに乗っ取られた寄主の巣部屋では、花蜜は横取りされ、寄主の卵や幼虫は潰される。人間にとっては幸せの青い蜂、寄主の蜂にとっては存在すら忌まわしい疫病神。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1591-685a15c6

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する