1549.jpg
ガガンボモドキ一種。福岡にて。

婚姻贈呈が見たくてわざわざ夜中遠出して行ったが、完全に無駄足だった。あれは無理だ。日中は鬱蒼とした森林内にまとまって隠れているのに、日没と同時に突然ヤブを飛び出して広範囲に散ってしまい、まったく追跡できない。しかも、とろくさい日中とは比べものにならないほど異常に俊敏で、ものすごい長距離を疾風のごとく駆け抜ける。林内で強めの灯火をたいて、人為的に狩りをさせないと絶対に観察不可能に思える。

この場所は「星がある種」の記録があるのに、どんなに探しても星のないコレしか見つからなかった。どうしても星のある奴を見つけねばならず、近年確実に記録のある東海の産地も徹底的に探したのに、そこでもこいつしか発見できない。
ここ数年、星のある奴を誰かが見たという話を一切聞かない。既に日本から絶滅しているような気がする。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1598-97710695

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する