ウンディーネ

1964.jpgアメンボ一種。カメルーンにて。

ジャングル内の小さな水溜りにいる。こういうものを撮影するとき、とにかく淡水に直に触らないよう細心の注意を払った。触れば最後、水精の魅了(チャーム)にかかり、黄泉の国まで連れていかれる。

端的に言えば、寄生虫にやられるということである。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1605-21c4f4aa

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する