1711.jpgタカハシトゲゾウムシDinorhopala takahashii。長野にて。

初夏に桜の葉裏に時々いる。全身金平糖のようにゴツゴツしており、ガニ股のぶっとい後脚という、他に見間違えようのない風貌。なぜか後脚腿節の裏側に小さなノコギリがある。割と珍しく、見つかれば昆虫同好会誌に載るような種。

かつて根城にしていた裏山には、少ないながらもシーズン中に行けば百発百中採れる発生木があった。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1615-a65b584e

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する