空間震発生現場候補地

1668.jpgオオコバネナガハネカクシ一種Lathrobium sp.。九州にて。

地下性昆虫。ある場所の地下約50cmの砂礫空隙から出てきた。九州ではあちこちから出るものの分類が遅れているため、九州で見つければ基本的に新種である可能性が高い。この個体もきっとそう。

国がとうの昔に結論付けた「ある摂理」が、根本から覆りかねない可能性を我々人類に突きつけた存在。もしかしたら、半世紀前にロストした精霊を現世に呼び戻せる日がくるかもしれない。要精査。

トラックバック

http://sangetuki.blog.fc2.com/tb.php/1621-fb2db6ac

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する